ていねいに生きて行くんだ―本のある生活

個数:

ていねいに生きて行くんだ―本のある生活

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 46判/ページ数 284p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863291942
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

加計呂麻、水俣、東京、福島…石牟礼道子、島尾敏雄との交流も含めて過去から現在まで、小さな旅の記憶をたどり書きとめた70のエッセイ集。ていねいに生きる人たちへ、畏敬の念をこめて贈る一冊。

目次

1 老婆とわれと入れかはるなり(孤―島尾敏雄;還―石牟礼道子)
2 眠れぬ夜に眠るには(詠―夏目漱石・与謝野晶子・若山牧水;旅―種田山頭火・中原中也;詩―淵上毛錢)
3 ていねいに生きて行くんだ(災―天変地異の怖さ;潔―病いと向き合う;生―逝ってしまった人たちへ)
4 わたしの居場所・帰る場所(郷―ふるさと人吉と八代;青―見知ラヌ自分ガソコニイル!)
5 歩きながら考える(命―直かに見る;躍―読み返してみてよかった;森―来てみたかった;北―雪がはらはらと舞う時に)

著者等紹介

前山光則[マエヤマミツノリ]
1947年、熊本県人吉市生まれ。1972年、法政大学第二文学部日本文学科卒。元高校教師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

keroppi

70
母の葬儀で帰郷した折、この本の著者と出会った。我が故郷に住み作家活動を続けている。コラムを編集したこの本は、熊日文学賞を受賞している。石牟礼道子はじめ様々な作家について書かれているが、何より心に響いたのは、故郷についてと逝く人について語られたところ。母を亡くした寂しさに、著者の文章は、私を優しく包み込むように癒してくれた。それは、ご本人の人柄でもある。本が読めなくなっていた私に救いの手を差し伸べてくれた。本は、とても素敵なもので、生きていくということは、素敵なことなんだと。そう、ていねいに生きて行くんだ。2020/07/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14392019
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。