寺内正毅と近代陸軍

個数:

寺内正毅と近代陸軍

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月05日 12時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 310p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863291850
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0021

出版社内容情報

寺内正毅はフランスでの経験を生かし陸軍の近代化、他に様々な民主化を断行し、業績はきわめて大きい。本書は戦後つくられた寺内正毅無能説を、封印されてきた膨大な資料をもとに覆す本格評伝。戊辰戦争からシベリア出兵まで。

寺内正毅(1852?1919)無能説を覆す本格評伝。



寺内正毅(1852?1919)は、フランス武官時代の経験を陸軍の近代化に生かし、日韓併合後は初代朝鮮総督として反日暴動を軍事力で鎮圧しながら朝鮮の政治を安定させ様々な近代化民主化を断行した。その業績はきわめて大きい。その後、首相時代にロシア革命が勃発し、主戦派の圧力によってシベリア出兵を実行する。その撤退時期を逸したことや同時期におこった米騒動の責任を追及され、前半生の実績が消し去られてしまうのである。本書は戦後つくられた寺内正毅無能説を、封印されてきた膨大な資料をもとに覆す本格評伝。

【目次から】



「二つの攘夷」と「二つの保守」



第1章 大楽源太郎と寺内正毅



久留米藩難事件/田原坂と動かぬ右腕



第2章 寺内正毅のパリとアジア



サン・シール士官学校からの手紙



第3章 帝国日本とアジア主義



日清戦争で運輸通信長官に/日露協商(満韓交換論)か日英同盟か



第4章 第三代韓国統監から初代朝鮮総督へ



明石元二郎の革命工作/満洲総司令部の新設/半島に向かう日本事業家たち/日韓併合



第5章 寺内正毅内閣とシベリア出兵



頭山満と乃木希典/寺内正毅内閣の出現/ロシア革命とシベリア出兵/甦る寺内正毅

堀 雅昭[ホリ マサアキ]
著・文・その他

内容説明

戊辰戦争からシベリア出兵まで。長州閥最後の首魁・寺内正毅(1852‐1919)の実像を、“寺内家旧蔵の「桜圃寺内文庫」や関係文書など膨大な資料”に基づいて初めて描き出し、現代の日韓問題の本質にも迫る本格評伝。

目次

「二つの攘夷」と「二つの保守」
第1章 大楽源太郎と寺内正毅
第2章 寺内正毅のパリとアジア
第3章 帝国日本とアジア主義
第4章 第三代韓国統監から初代朝鮮総督へ
第5章 寺内正毅内閣とシベリア出兵

著者等紹介

堀雅昭[ホリマサアキ]
1962年、山口県宇部市生まれ。山口大学理学部卒。作家。放送大学及び山口大学非常勤講師歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件