関門の近代―二つの港から見た一〇〇年

個数:

関門の近代―二つの港から見た一〇〇年

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月10日 13時06分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 340p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863291478
  • NDC分類 683.921
  • Cコード C0021

内容説明

軍港・国際貿易港として発展してきた門司と下関、二つの港は近代化をどのように見てきたのか。明治20年代の黎明期から昭和戦後の高度経済成長期までを中心に港が果たした役割を克明に描く。

目次

1 日本近代と築港(長州閥と玄洋社の密約(明治二二年~同三〇年)
遊廓と初代の門司駅舎(明治二四年) ほか)
2 国際貿易港への飛躍(関門県の発想(明治二九年二月)
日本郵船と海外航路(明治三〇年) ほか)
3 海峡の帝国(バナナの叩き売りと『五足の靴』(明治四〇年頃)
林芙美子と関門架橋会社計画(明治四四年八月) ほか)
4 海底トンネル時代(海底鉄道トンネル構想(大正八年七月)
タイ米の輸入(大正一三年一二月) ほか)
5 朝鮮戦争と門司港(出光佐三の原爆批判(昭和二〇年八月)
占領下の港と米軍兵士の犯罪(昭和二六年) ほか)

著者等紹介

堀雅昭[ホリマサアキ]
1962年、山口県宇部市生まれ。山口大学理学部卒業。放送大学非常勤講師歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

軍港・国際貿易港として発展してきた門司と下関。二つの港=関門港が明治日本の近代化にいかに重要な役割を果たしたのかを描いた一…軍港・国際貿易港として発展してきた門司と下関、二つの港は近代化をどのように見てきたのか。

関門鉄道トンネル(世界初)、関門国道トンネル(車道と人道)、関門大橋、新関門トンネル(新幹線)、関門連絡船という6つの連絡路をもつ門司と下関。この二つの港=関門港が明治日本の近代化にいかに重要な役割を果たしたのかを描いた一冊。明治22年の門司港築港に始まる黎明期から昭和戦後の高度経済成長期までを中心に、人と物資の一大交流拠点・国際貿易港として発展していくようすを現地調査と聞き書き、文献の分析をもとに克明に紹介していく。近代化遺産の宝庫でもある関門エリアをより深く知るための書。

【目次より】



?. 日本近代と築港

  長州閥と玄洋社の密約/米穀取引の文化/大阪商船・日本郵船・三井物産



?. 国際貿易港への飛躍

  八幡製鐵所の意味/鈴木商店の大里製糖会社/関門海峡と大連航路/関釜連絡船とグリーンモール



?. 海峡の帝国

  バナナの叩き売りと『五足の靴』/海賊の出光商会/米騒動とシベリア出兵



?. 海底トンネル時代

  海底鉄道トンネル構想/出光商会と植民地/昭和戦前の関門大橋プラン



?. 朝鮮戦争と門司港

  出光佐三の原爆批判/占領下の港と米軍兵士の犯罪/門司港に移った英国領事館



?関門港(下関港・門司港)をめぐる歴史年表

堀 雅昭[ホリ マサアキ]
1962年、山口県宇部市生まれ。著書に、『戦争歌が映す近代』『ハワイに渡った海賊たち』『井上馨〈開明的ナショナリズム〉』『靖国誕生〈幕末動乱から生まれた招魂社〉』『鮎川義介〈日産コンツェルンを作った男〉』他。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件