今度こそ読み通せる名著<br> マキャベリの「君主論」

個数:

今度こそ読み通せる名著
マキャベリの「君主論」

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 212p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863101838
  • NDC分類 311.237

内容説明

慎重であるより、果敢であれ!時の流れに従って自分を変えなければ、運命は変わらない。原典を大切にし、読みやすさを追求しました。

目次

王はいかにして君臨するべきか?―君主制にはどれほどの種類があるのか?それはどのようにして、できあがったものなのか?
王家の血があれば、並の器量でも構わない―世襲の君主制について
他国を征服するときの心得とは?―複合的な君主制について
強大な王国ほど、支配するのは容易い―なぜアレキサンダーに征服されたペルシャでは、アレキサンダーが死んだあとに反乱が起こらなかったのか?
民衆を真の「自由」から遠ざけよ―独自の法に基づいて民衆が生活してきた都市や国家を、うまく統治していく方法
王国を自らつくり出すときの原則―自身の武力と才覚によって生み出す、新しい君主政権について
力なき者が、君主としていかに国を治めるか―他国の軍を借りる、もしくは運のみで獲得した君主制について
君主はどこまで残虐であるべきか?―悪事によって君主の地位を得た者について
貴族と民衆に対し、王はどう接すべきか?―市民によって選ばれた君主について
城塞と人心により、鉄壁の守りを築く―あらゆる君主体制の強さを測る方法について〔ほか〕

著者紹介

マキャベリ,ニッコロ[マキャベリ,ニッコロ] [Machiavelli,Niccolo]
イタリア、ルネッサンス期の政治思想家、フィレンツェ共和国の外交官。1469年フィレンツェ共和国生まれ。『君主論』(原題:IL PRINCIPE)は、のちに「マキャベリズム」と呼ばれるようになった考え方を世のリーダーに説いたもので、16世紀初頭から世界中の人々に読み継がれている

夏川賀央[ナツカワガオ]
1968年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。数社の出版社で編集者として活躍したのち独立。会社経営の傍ら、ビジネス書を中心に執筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)