おいしい病院食は、患者を救う

個数:

おいしい病院食は、患者を救う

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年06月26日 06時04分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B40判/高さ 18cm
  • 商品コード 9784863101784
  • NDC分類 498.58

内容説明

「薄味・まずい」が当たり前だった病院食がどんどんおいしくなるのはなぜ?業界を動かしたキーパーソンに取材を重ね、トレンドの背景を探る―。

目次

第1部 なぜ、病院での食事はおいしくあるべきか(病院での食事が、患者獲得の決め手の1つ;管理栄養士に教えられた、病院食をおいしくすることの意義;おいしくなければならない病院食;洋の東西を問わず訴えられている食の健康におよぼす影響;強く訴えたい、おいしい病院食の必要性;ビジネスチャンスとしてのおいしい健康食)
第2部 インタビュー 病院食を変革する人々(栄養の力は、がん患者をも治す―NST導入に尽力した医師が描く医療の未来…東口高志さん(藤田保健衛生大学教授)
「日本一おいしい」病院食を作ったカリスマ管理栄養士…足立香代子さん(一般社団法人臨床栄養実践協会理事長)
モットーは「攻めの栄養」心のこもった食事で患者を元気に…廣瀬桂子さん(練馬光が丘病院管理栄養士)
給食から医療食への転換をリードしてきた、ヘルスケアフード企業の挑戦…日清医療食品株式会社)

著者紹介

長村洋一[ナガムラヨウイチ]
鈴鹿医療科学大学副学長。岐阜薬科大学卒。藤田保健衛生大学にて30年以上にわたり臨床検査教育と研究に携わる傍ら、食品の有効性、安全性に関する幅広い調査研究活動を行ってきた。2001年に健康食品を含む食に関する正しい情報を発信するため「(一社)日本食品安全協会」を設立し、医療職者を中心とした会員組織・健康食品管理士認定協会理事長としても活躍

薬袋摩耶[ミナイマヤ]
サイエンス・ライター。東海大学大学院医学研究科修了。博士(医学)。科学雑誌の編集者、慶應義塾大学医学部特別研究助教、東京大学教養学部附属教養教育高度化機構特任助教などを経て、現在は、国立の某研究所勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)