知泉学術叢書<br> コンスタンティノープル使節記

個数:

知泉学術叢書
コンスタンティノープル使節記

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B40判/ページ数 272p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784862853059
  • NDC分類 230.4
  • Cコード C3322

内容説明

オットー1世(フランク国王、皇帝)の名代として968年にコンスタンティノープルに派遣された外交使節クレモナ司教リウトプランドによる貴重な記録である。ヨーロッパ世界最大の都市で出会った宮廷人たちやそこで見聞した儀式などについての生き生きとした記述は、10世紀のビザンツ世界とヨーロッパの国際関係を知るうえでも第一級の史料である。

目次

『コンスタンティノープル使節記』(本文と訳註)
付論1 『使節記』の目的と齟齬―中世キリスト教世界における「ローマ皇帝」問題
付論2 『使節記』における「ローマ」言説―中世キリスト教世界と「ローマ」理念

著者等紹介

大月康弘[オオツキヤスヒロ]
1962年栃木県足利市生まれ。1985年一橋大学経済学部卒、1990年同大学院経済学研究科修了、2015年博士(経済学)。成城大学経済学部講師、助教授、一橋大学経済学部助教授を経て、現在、一橋大学大学院経済学研究科教授・附属図書館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件