産研レクチャー・シリーズ<br> 関西の地域振興と国際化―大学と新聞社の役割

個数:

産研レクチャー・シリーズ
関西の地域振興と国際化―大学と新聞社の役割

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 236p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784862832641
  • NDC分類 601.16
  • Cコード C1033

出版社内容情報

産研レクチャー・シリーズ

はじめに
第1講  地方振興とガバナンス─関西の地域振興と国際化
  はじめに/地域とアクタ/若手起業家への期待/道頓堀リバーフェスティバルの挑戦/地方分権/開かれた地域としての関西の魅力 大学とメディアの役割/地域振興とアクター/専門家の役割/自治体職員の役割/市民の役割/若者の役割/異端者の役割/よそ者の役割/ブランド・クリエーター/インターメディエータ/おわりに

第2講  パナソニック「脱関西」宣言の真相─東京からみた  関西経済の「真の実力」とは
 パナソニックが「脱関西」/東京目線による関西再生/大阪、関西の都市力/商機をいかにつかむか/質疑応答

第3講  スゴ腕トップの経営哲学─関西のカリスマ経営者が明かす経営哲学
 大阪・関西経済の今と未来
  リーディングカンパニー不在/「関西は一つ一つ」/インバウンドのインパクト/多様な成長エンジン育成も重要/関西の魅力、一致団結して発信を
 スゴ腕トップの経営哲学
  「いいものを高く」付加価値を大切に/成功への知恵「神様が授けてくれた」/綿菓子製造器からゲーム業界へ/ゼロから出発、海外も見据えて……/「グローバル展開だからこそ」地域に根ざして/ぶれない、逃げない

第4講  「二〇世紀少年」の夢再び─万博誘致レースの今後の展開
  成功体験 一九七〇年万博/二〇二五年万博を大阪に/動き出した誘致活動/ライバル国の動向/誘致に向けた課題/質疑応答

第5講  日の丸家電の栄枯盛衰
  電機産業凋落の背景/いかに生き残るか。そのための方策/これからの成長分野/質疑応答

第6講  関西のスポーツビジネス─地域創生にチャレンジするスポーツの現状
  プロローグ/三イベントを比較して/前回大会との違いは/ラグビーワールドカップ 関西は限定的/東京オリンピック・パラリンック 蚊帳の外で終わらないために/関西ワールドマスターズゲームズ 盛り上げの具体策は/関西は危機感を持つ必要がある/打開策は「温故知新」/一九六四年東京オリンピックから/一九六四年の関西/「コミット」目指した関西/器が聖地となる/聖地と聖地候補の違い/関西の人材流出を防げ ポスト・ゴールデンスポーツイヤーズ/関西版ナショナルトレーニングセンターの必要性

第7講  関西から世界を読む─地政学リスクの読み解き方
  ニューヨーク 国連報道の舞台裏/関西と国際会議/朝鮮半島問題に対する各国の思惑/隣国、韓国への複雑な思い/質疑応答

第8講  司馬さんに遼かにおよばず─論説「考」
  司馬遼太郎 その文学の原点は新聞記者/司馬遼太郎と歴史小説/司馬遼太郎と太平洋戦争/司馬遼太郎が伝えたかったこと/司馬史観の成り立ち/コラムの要諦/質疑応答

第9講  デジタル時代の新聞─新聞社の役割はどう変質するのか
  新聞のこれからのビジネスモデル/産経新聞社のデジタル化戦略/産経デジタルのビジネスモデル/デジタルとアナログの間/新たな収益源の模索/質疑応答

第10講  新聞社を目指す人へ
  なぜ、新聞記者を目指したか/激動の二〇一七年 これからの世界は/強い新聞記者になるには/特ダネと遅配 ギリギリの判断/記者活動の原点 現場取材/生と死を見つめて/質疑応答

市川 顕[イチカワ アキラ]
編集

高林 喜久生[タカバヤシ キクオ]
編集

関西学院大学産業研究所[カンセイガクインダイガクサンギョウケンキュウジョ]
著・文・その他

産経新聞大阪本社[サンケイシンブンオオサカホンシャ]
著・文・その他

目次

第1講 地方振興とガバナンス―関西の地域振興と国際化
第2講 パナソニック「脱関西」宣言の真相―東京からみた関西経済の「真の実力」とは
第3講 スゴ腕トップの経営哲学―関西のカリスマ経営者が明かす経営哲学
第4講 「二〇世紀少年」の夢再び―万博誘致レースの今後の展開
第5講 日の丸家電の栄枯盛衰
第6講 関西のスポーツビジネス―地域創生にチャレンジするスポーツの現状
第7講 関西から世界を読む―地政学リスクの読み解き方
第8講 司馬さんに遼かにおよばず―論説「考」
第9講 デジタル時代の新聞―新聞社の役割はどう変質するのか
第10講 新聞社を目指す人へ

著者等紹介

市川顕[イチカワアキラ]
東洋大学国際学部グローバル・イノベーション学科准教授。関西学院大学産業研究所客員研究員。博士(政策・メディア)。1999年慶應義塾大学総合政策学部卒業、2006年慶應義塾大学政策・メディア研究科後期博士課程単位満了退学。2008年博士(政策・メディア)。東京工業大学産官学連携研究員、慶應義塾大学・デジタルハリウッド大学・名古屋商科大学非常勤講師、関西学院大学産業研究所准教授を経て、現職。現在は、東洋学園大学・清泉女子大学での兼任講師のほか、政策情報学会・政治社会学会・国際公共経済学会で理事を務める

高林喜久生[タカバヤシキクオ]
関西学院大学経済学部教授、関西学院大学産業研究所所長。経済学博士。1977年京都大学経済学部卒業。同年住友信託銀行入行。1985年大蔵省財政金融研究所主任研究官。1988年住友信託銀行復職。1990年広島大学経済学部助教授。1996年関西学院大学経済学部教授。2018年から関西学院大学産業研究所所長。専攻は財政学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。