関西学院大学研究叢書<br> イングランド法学の形成と展開―コモン・ロー法学史試論

個数:

関西学院大学研究叢書
イングランド法学の形成と展開―コモン・ロー法学史試論

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年08月03日 06時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 816p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784862832375
  • NDC分類 321.233
  • Cコード C3032

出版社内容情報

クックの時代までのイングランド法学の展開を研究し時代順に論証。さらに、ヘイル『ロール法要録』序文の翻訳と解説を収録。

プロローグ
第1編 コモン・ロー法学史の起点を求めて
 補論1 旅する裁判所―アサイズ巡回陪審裁判研究事始
第2編 コモン・ロー法曹の成長過程
第3編 コモン・ロー法学の発展
第4編 コモン・ロー法学教育の組織化
 付論 テューダ絶対王政の形成とコモン・ロー法曹
第5編 ルネサンス期コモン・ロー法学の展開
 補論1 「イングランド法とルネサンス」再考―メイトランド「リード講演」の理解のために
 補論2 Fitzherbertの“La Graunde Abridgement” (1516)の成立に関する一考察
 補論3 イングランド法とラミズム―Abraham Fraunce, “The Lawyers Logike, exemplifying the practise of the common Lawe,”(1588)のコモン・ロー評価に関して
第6編 不文法学的立法解釈論の系譜を求めて
第7編 近代自然法学とコモン・ロー法学 ―二つの不文法学
 補論1 ホッブズ vs クック論争とイングランド國制起源論争
エピローグにかえて―法学教育解体期にむけて
 翻訳 ヘイル「若きコモン・ロー法学徒に向けて」 705

【付録1】初期コモン・ロー法文献内容概観
(『グランヴィル』『ブラクトン』『ブリトン』)
【付録2】法廷報告と訴訟記録(ハンバ河渡船事件)
【付録3】リトルトン『土地法論(Tenure)』(c. 1465―75)
【付録4】セント・ジャーマン『博士と学徒』で析出された
コモン・ローの法準則
【付録5】プラウドゥン『判例註解』(1571)

あとがき
欧語人名索引
邦語人名索引
事項索引
制定法索引
判例索引
ローマ・カノン法文索引

深尾 裕造[フカオ ユウゾウ]
著・文・その他

目次

第1編 コモン・ロー法学史の起点を求めて
第2編 コモン・ロー法曹の成長過程
第3編 コモン・ロー法学の発展
第4編 コモン・ロー法学教育の組織化
第5編 ルネサンス期コモン・ロー法学の展開
第6編 不文法学的立法解釈論の系譜を求めて
第7編 近代自然法学とコモン・ロー法学―二つの不文法学
エピローグにかえて―法学教育解体期にむけて

著者等紹介

深尾裕造[フカオユウゾウ]
1949年大阪府に生まれる。1978年京都大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。現在、関西学院大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。