関西学院大学研究叢書<br> “社会的なもの”の運命―実践・言説・規律・統治性

個数:

関西学院大学研究叢書
“社会的なもの”の運命―実践・言説・規律・統治性

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 254p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784862831569
  • NDC分類 361
  • Cコード C3036

目次

“社会的なもの”をどのように考えるか
第1部 “社会的なもの”と社会学(実践としての行為―規範と心;現実はいかにして“社会的”に構築されるのか;認知主義/記述主義を超えて―会話分析と言説分析)
第2部 “社会的なもの”の誕生と“社会”の編成原理(言説と権力;“社会的なもの”の誕生―規律から統治性へ;“社会”の編成原理と社会学の問題設定)

著者等紹介

田中耕一[タナカコウイチ]
1955年生まれ。慶応義塾大学法学部政治学科卒業。早稲田大学大学院文学研究科社会学専攻博士後期課程単位取得退学。現職、関西学院大学社会学部教授。専攻、社会学理論、現代社会論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。