競争としてのマーケティング

個数:
  • ポイントキャンペーン

競争としてのマーケティング

  • 丸山 謙治【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 総合法令出版(2016/11発売)
  • ウェブストア限定 全点ポイント5倍キャンペーン(6/24~6/28)※店舗受取はキャンペーン対象外※
  • ポイント 75pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年06月28日 11時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 252p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784862805270
  • NDC分類 675
  • Cコード C0034

出版社内容情報

「お客様は神様」ではもはや生き残れない!フィリップ・コトラーが定着させた顧客志向は今やマーケティングの代名詞となり、誰もが「顧客第一主義」を唱えているが、その結果、現実に起こっているのは同じような「製品」「サービス」の氾濫である。今や顧客志向だけでは競争に勝てない。本書は米国マーケティング界の巨匠であり、日本でも星野リゾート星野佳路氏、日本ネスレ高岡浩三氏、元日本コカコーラ・現資生堂の魚谷雅彦氏など錚々たる経営者から信奉されているアル・ライズとジャック・トラウトの唱える「競争志向によるマーケティング戦略」を解説したもの。ロングセラー『ポジショニング戦略』をはじめとする彼らの著作のエッセンスを日本企業の事例をまじえてわかりやすく紹介。

内容説明

顧客志向ではなく、競争志向で考えよ。コトラーと並ぶマーケティング界のレジェンド、アル・ライズとジャック・トラウトが語る超競争時代に勝ち抜くための83のアドバイス。

目次

第1章 顧客志向ではなく、競争志向で考えよ
第2章 心を制する者がマーケティングを制す
第3章 マーケティングの要はポジショニングだ
第4章 戦術が戦略を決定し、戦略が戦術を動かす
第5章 すべては「優勝劣敗」の定理に基づく
第6章 マーケティングの常識を疑う
第7章 マーケティングも人生と同じ

著者等紹介

丸山謙治[マルヤマケンジ]
カリフォルニア大学バークレー校エクステンション認定マーケター。1957年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。株式会社リクルート勤務を経て、攝津板紙株式会社(現レンゴー株式会社)に入社。米国デンバー大学ビジネススクールに社費留学した後、シリコンバレーの米国企業に出向し、マーケティング業務に従事。帰国後も米国系企業の取締役マーケティング本部長を歴任する。現在、株式会社サンオクスにてゼネラルマネージャーとして主に新規事業のマーケティング戦略を担当する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

☆ツイテル☆

2
フライヤー2022/01/23

S

0
顧客志向をひるがえすマーケティング戦略。競合他社に着目することの重要性がわかる。2017/11/25

りかっぴ

0
マーケティングとは顧客の知覚を操る事、商品の明確なポジショニングをし、競合との明確な差別化によって競争に打ち勝つ事。『戦術が戦略を決定し、戦略が戦術を動かす』戦術とは顧客の心の中で競合に対して優位性と知覚を操れる斬新な切り口であり、戦略とはその競争優位性を維持する働きをする。 顧客思考であることが1番だと無意識に思い込んでいた私にとって、新しい捉え方を教えてくれた1冊。とはいえ競争思考に走りすぎて、顧客思考、顧客の知覚を操ることから離れないようなコントロールが必要だなと感じた。2021/04/12

T-hiro

0
過去の読書会課題図書。Al RiseとJack Troutのマーケティング理念を、彼ら自身の著作からメッセージを引用しながら解説した本。主な引用元は”Positioning”,“Marketing Warfare”,”Bottom-Up Marketing”,“The 22 Immutable Laws of Marketing”,”Horse Sense”の5冊。ありきたりな言葉で言えば「優れたマーケティングの教科書」ただ、まず大きな視点として違うのは「顧客第一主義」は既に限界にきており、2017/08/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11218945

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。