問いかける技術―確かな人間関係と優れた組織をつくる

個数:
電子版価格
¥1,870
  • 電書あり

問いかける技術―確かな人間関係と優れた組織をつくる

  • 提携先に8冊在庫がございます。(2024年04月19日 15時28分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784862761712
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0034

内容説明

100の言葉よりも1つの問いかけが、人を動かす。空気が変わり、視点が変わり、関係が変わる。組織心理学の第一人者がやさしく語る、人間関係とコミュニケーションの原理・原則。

目次

はじめに 良好な人間関係と強い組織を築くために
第1章 謙虚に問いかける
第2章 実例に学ぶ「謙虚に問いかける」の実践
第3章 ほかの問いかけと「謙虚に問いかける」はどう違うのか
第4章 自分が動き、自分が話す文化
第5章 地位、肩書、役割―人々に行動をためらわせる「境界」の存在
第6章 「謙虚に問いかける」を邪魔する力
第7章 謙虚に問いかける態度を育てる

著者等紹介

シャイン,エドガー・H.[シャイン,エドガーH.] [Schein,Edgar H.]
1928年生まれ。マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院名誉教授。シカゴ大学卒業後、スタンフォード大学で心理学の修士号、ハーバード大学で社会心理学の博士号を取得。1956年よりMITスローン経営大学院で教鞭をとり1964年に組織心理学の教授に就任。1972年から1982年まで組織研究グループの学科長を務めた。2006年に退官し名誉教授となる。組織文化、組織開発、プロセス・コンサルテーション、キャリア・ダイナミクスに関するコンサルティングを行い、アップル、P&G、ヒューレット・パッカード、シンガポール経済開発庁など多数の企画・公的機関をクライアントとしてきた

金井壽宏[カナイトシヒロ]
1954年生まれ。神戸大学大学院経営学研究科教授。1978年京都大学教育学部卒業、1980年神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程修了、1989年マサチューセッツ工科大学でPh.D.、1992年神戸大学で博士(経営学)を取得。モティベーション、リーダーシップ、キャリアなど、働く人の生涯にわたる発達や、組織における人間行動の心理学的・社会学的側面を研究している。最近はクリニカルアプローチによる組織変革や組織開発の実践的研究も行っている

原賀真紀子[ハラガマキコ]
ライター、翻訳者、東京工業大学非常勤講師。慶應義塾大学卒業、米ノースウェスタン大学ジャーナリズム大学院修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

5 よういち

97
コーチングの研修等にも参加しているのだが、自分が一番できないのが傾聴すること。意識しているうちはまだしも、そうでなくなると相手の話を聴いていないなと思うことが多々ある。本書ではコミュニケーションで一番大切なのは『謙虚に問いかけること』だと説く。◆①自分が一方的に話すのは、相手を上から見下ろす形になり不快感を与える。②『謙虚に問いかける』姿勢を学び、相手に質問する。➂傾聴することで相手を認める努力をする。◆ 邪魔するのは文化→➀謙虚であることが価値観として低い社会。②物知りが評価される→知識を話そうとする。2019/05/13

速読おやじ

22
地位が高くなると謙虚に問いかけることが困難になる。本書では謙虚に問いかける事の重要性、その方法をわかりやすい言葉で説明してくれる。元々謙譲の文化を持っていた日本も最近では米国のように自分が動き、話す文化が跋扈していると感じる。リーダーはメンバーに実質的に頼っている事実を認識すべき。問いかける行為は相手に対する興味、好奇心が必要だ。こうしろと命令するのではなく、協力を求めてなるべく聞くことに専念。課題指向から人間指向へ。そして弱さを曝け出せ。判断や行動の前に自分の心の反応を自問するのも謙虚への一歩だ。2021/04/04

melon

20
勉強になる。真面目な本。2017/04/02

みねたか@

19
結論を急ぐあまり,膨大な情報をよく見ないで判断してしまう。情報を的確に認識し妥当な行動をする上で,周囲に謙虚な姿勢で尋ねることが重要。付け焼刃ではなく、日頃から相手からの信頼。恥をかかされない,自分のことを認めてくれるという安心感を得ていることが前提。ビジネスや家庭での会話など豊富な実例でわかりやすい解説。ただしそこにマニュアルはない。相手を思いやる気持ちや純粋な好奇心から「謙虚に問いかける」ことに意味がある。家庭でも,職場でも感情に流されず,自分の認識や行動の妥当性を内省する余裕が必要ということか。2017/08/14

またおやぢ

19
組織開発をテーマに長年研究を進めてきた著者が、集大成として取り組んでいるのが協力関係や対人関係であるという事が興味深い。多様性が当たり前に存在する現在にあって「自分が話し、自分が動く」だけでは解決しない事柄が増えているのは事実。寧ろ、人と協力し合わないと進まないことだらけだ。故に、人間関係の質を高め、自らの役割を果たし、共通の目標を達成しうる組織の構築こそが緊急課題となる。「謙虚に問いかける」ことで、相互信頼に基づく関係を醸成でき、協働と相互支援に基づいた優れた組織を構築しうると示唆する一冊。2016/07/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8985280
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。