北の関ヶ原合戦―北関東・東北地方で戦われた「天下分け目」の前哨戦

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 237p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784862486820
  • NDC分類 210.48
  • Cコード C0021

内容説明

宿場・峠道の要塞、村人の城、境目の城、「忍び」の情報収集基地―上杉氏vs徳川氏・最上氏の戦場跡に残された城塞・防衛網の実態を3年に及ぶフィールド調査で解明した画期的な成果。再現図版38点掲載。

目次

序章 徳川対上杉、そして百姓たちの戦い
第1章 奥羽の鎮将・上杉景勝と「上杉氏包囲網」の崩壊
第2章 会津西街道の上杉氏防衛網を歩く
第3章 白河街道の上杉氏防衛網を歩く
第4章 那須地方の徳川氏防衛網を歩く
第5章 「関山合戦」は百姓同士の戦い?
終章 出羽合戦と最上氏の「境目の城」

著者等紹介

中田正光[ナカダマサミツ]
1946年三重県生まれ。青山学院大学文学部教育学科卒業。城郭研究家。四〇年以上にわたり全国の中世城郭址を実地調査し高い評価を得ている

三池純正[ミイケヨシマサ]
1951年福岡県生まれ。工学院大学工学部卒業。歴史研究家。戦国期をはじめ歴史の現場を精力的に踏査し、現場からの視点で歴史の定説を見直す作業に没頭している。主な論文に「海津城について」(第19回郷土史研究奨励賞を受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。