東京人生―SINCE1962

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 319p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784862380333
  • NDC分類 748
  • Cコード C0072

内容説明

写真史上に屹立する屈指の作家荒木経惟が、自らの人生を重ねながら撮り続けてきた東京と、そこに生きる人々。1960年代から現在に至るまで、膨大な作品の中から、著者自身が厳選したベストショットを編んだ記念碑的著作。

目次

一九六〇年代―進行形の過去
一九七〇年代―私写真のはじまり
一九八〇年代―写真は道行きで
一九九〇年代―死を感じながら生へ
二〇〇〇年代―幸福を照れずに撮る

著者等紹介

荒木経惟[アラキノブヨシ]
1940年東京都台東区三ノ輪生まれ。千葉大学工学部写真印刷工学科卒。1963年広告代理店電通入社。1964年「さっちん」で第1回太陽賞。1972年電通を退社してフリーに。1980年代には雑誌を舞台に“天才アラーキー”として過激なヌードを次々と発表。1990年代以降国際的な評価も高まり、ヨーロッパやアメリカで数多くの個展・グループ展も開催。現在も写真集、雑誌連載、展覧会などで写真を発表し続け、旺盛な創作活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。