警察裏物語―小説やTVドラマより面白い警察の真実

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 261p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784862380074
  • NDC分類 317.7
  • Cコード C0095

目次

第1章 伝説の警察官
第2章 素顔の警察官
第3章 北芝健の強盗事件捜査セレクション
第4章 警察アンダーワールド
第5章 これが殺人事件の捜査だ!
第6章 警察内部の知られざる抗争
第7章 戦う警察

著者等紹介

北芝健[キタシバケン]
早稲田大学卒。元警視庁刑事。刑事警察や公安警察に所属し、殺人、強盗、傷害、詐欺、暴力犯、強姦、麻薬などあらゆる事件を扱い、ロス市警、FBIなどとも交流する。警視総監賞、刑事部長賞、警務部長賞、署長賞などを複数回受賞。現在は犯罪学者として教壇に立つ。日本社会病理研究所主任研究員。一方で、コメンテーターとして多数のテレビ番組に出演。警察絶対擁護派として異彩を放つ。空手6段。修道館館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yuma Usui

20
10年以上前の出版で少し古く感じるけど、へーと思うことがいくつか。やくざや風俗嬢や中国マフィアの話が面白かった。踊る大捜査線の内容が現実に近いという話も楽しめた。キャリアでもノンキャリアでも警察官は大変な仕事だと思うけど頑張って頂きたい。2019/01/13

山下哲実

18
オーディオブックで読了! 裏話が満載で面白かった^_^2020/01/25

カナン

8
警察官も人間。「踊る大捜査」結構忠実にできてるのか。2018/10/24

はづきち

7
オーディオブック。元警察官の著者が、伝説の警察官や警察官の素顔、過去の事件についてや警察の日常などについて。小説やドラマで描かれている警察と現実の比較も紹介しています。 捜査のために自腹を切ったり、暴力団やヤクザとも付き合いがあったり、しつこい記者を躱したり、いろいろ苦労があるのですね。それに一言で警察官と言ってもいろんな人がいて、現場に出たがらない人もいるというのはちょっと意外。昇任試験の勉強をするためだそうです。うちの業界にも現場からすぐ行政に行っちゃう人もいるから同じようなことなんでしょう。2021/08/24

mimm

7
ナース編が面白かったので、こちらも読んでみたのですが…。男の人は好きかもしれない。けど、読んでて私の中の警察の方への高感度がどんどん下がっていく感じ。警察「職」への愛情は感じられるんだけど、著者様の自己顕示欲が強いのか、不快に感じる文章が多い。もっと素直に尊敬できるような内容のものかと期待したのに。あと「~だぜ」文が無理。2012/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/559199
  • ご注意事項