愛と貨幣の経済学―快楽の社交主義へ

個数:

愛と貨幣の経済学―快楽の社交主義へ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 329p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784862280886
  • NDC分類 330.4
  • Cコード C0036

出版社内容情報



古賀 徹[コガ トオル]
九州大学准教授。1967年熊本県生まれ。
北海道大学文学研究科博士課程単位取得。博士(文学)。
専攻は哲学。2000年から、ドイツ・フランクフルト大学にて在外研究。
主著『超越論的虚構──社会理論と現象学』(状況出版)、
『理性の暴力──日本社会の病理学』(青灯社)

内容説明

商品の氾濫する“欲望”の時代。ラカンの“対象a”をふまえ、マルクスを読みなおし、フロイトを援用して、快楽のコミュニケーションをリビドー次元から探求する渾身の問題作。

目次

序 物だけでも、そして心だけでもなく
第1章 愛の経済とはなにか(伝統的な愛の概念―生理学・経済学・心理学;愛の経済とはなにか―リビドーとは;快感原則と現実原則―貨幣経済とリビドー経済 ほか)
第2章 愛における格差(現代の格差とはなにか―所有権と私有財産の起源;労働の疎外とは―リビドーの疎外;等価交換の原則―リビドー等価交換の原則とリビドー市場価値説 ほか)
第3章 愛の社交主義のために(新しい価値論への挑戦―市場におけるリビドー交換;“もの”に力はあるのか―貨幣をめぐるリビドーの運動形態;商人の二つのあり方―事物に価値があるのはなぜか ほか)

著者等紹介

古賀徹[コガトオル]
九州大学准教授。1967年熊本県生まれ。北海道大学文学研究科博士課程単位取得、博士(文学)。専攻は哲学。2000年から2001年、ドイツ・フランクフルト大学にて在外研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件