東北古代史叢書<br> 秋田城と元慶の乱―外からの視点でみる古代秋田の歴史

個数:

東北古代史叢書
秋田城と元慶の乱―外からの視点でみる古代秋田の歴史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月21日 19時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 347p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784862152190
  • NDC分類 212.4
  • Cコード C1321

目次

秋田城研究の問題点
第1部 “最北の城柵”秋田城の歴史的性格(出羽柵の秋田村への移転;出羽国飽海郡と蚶方駅家の成立―秋田出羽柵“陸の孤島”説の証明;秋田城は国府にあらず―秋田城「非国府説」再論;附論 渤海との通交と秋田城;秋田城における停廃問題の決着と平安初期の城柵再編―延暦二十三年の「停城為郡」の歴史的意義)
第2部 元慶の乱と北方蝦夷集団(元慶の乱研究の問題点と乱の推移;元慶の乱の再検討―津軽蝦夷の役割と「保則奏状」を中心に;元慶の乱の「史闕」記事の検討―史実の復原の試み;元慶の乱における秋田城下の蝦夷と津軽・渡嶋蝦夷)

著者等紹介

熊谷公男[クマガイキミオ]
1949年宮城県生れ。1979年東北大学大学院博士課程単位取得退学。現在、東北学院大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Tom

2
2021年刊。本体価格で7500円もするので図書館を利用した。地元なのに最近平安時代のことを調べるまで「元慶の乱」について知らなかったので、自分の中で熱いトピックである。本書は二部構成となっており、第一部が「秋田城国府論」、第二部が「元慶の乱」となっている。秋田城は天平五年(733)に、当時は「秋田出羽柵」として成立する。当時の朝廷の支配領域は比羅保許山(ひらほこざん)付近、現在の秋田県と山形県の県境あたりまでで、秋田城は蝦夷の地の”飛び地”に造られた。→2023/10/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18006653
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。