関西弁超訳 論語―関西弁で深く読み解く孔子の思想

電子版価格 ¥1,232
  • 電書あり

関西弁超訳 論語―関西弁で深く読み解く孔子の思想

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784862042361
  • NDC分類 123.83
  • Cコード C0012

目次

人に会いに行くのも結構やけど、人に会いに来てもらえる人間になりなはれ。
家族への孝行と目上の人間を敬う気持ちこそが思いやりの根っこの部分なんや!
無駄なくして、国民のことよう考えるんや。それがええ政治家っちゅうもんや。
信頼、信用っちゅうんは小さな約束でもしっかり守ることで築かれるもんなんやで!
親の背中見て子供は育つんや。ご先祖様への思いやりっちゅうんを見せつけたらんかい!
明日の仕事でも今日でけるんやったら今日の仕事やでえ。
もっと褒めたってえなあ。ほんならあんたも褒められるでえ。
規則決めて厳しいこと言うだけやったら、人はズルばっかしよる。
親の仕事?子供の健康を心配するんが親の仕事なんや。
メシ食わすだけやったら親も馬も一緒やん!〔ほか〕

著者等紹介

八田真太[ハッタシンタ]
1977年兵庫県神戸市生まれ。立命館大学経済学部卒。在学時代、台湾へ語学留学、帰国後クレープ屋さんでの経営修行、ホテルでのサービス修行をする。警察官採用試験に合格するも一念発起し、単身中国に渡り日本語学校を設立。現在は自ら教鞭を執る傍ら雑誌や新聞のコラム執筆、講演等多方面で活躍。ジョイフル日本語学校学校長。華南理工大学客員講師。広州市柔道協会日本人顧問。広州日本語教師の会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

大先生

1
よくまとまってると思いますが、関西弁の必要ありますか?苦笑。なんとなく、親父の小言っぽくなってしまいます。2020/03/01

特務機関NERV 神戸支店 法人営業課長

1
「先生は言わはった」に誘われて一気読み。とっつきにくい論語も、関西弁の語り口では消化しやすいかたちになりいいアイディアだと思います。基本的に心穏やかに争いをせず徳を積んでいく、と。難しいけど少しずつ少しずつ。成長していきたいものです。2013/01/03

イカ十郎

0
論語をより身近に。2014/06/25

Daisuke

0
八田さんの本。 フランクな口調なので、分かりやすくて、すらすら読めました。 八田さんのエッセンスを感じました。 自分も、帰国してから、自分のやりたいことを決めました。 まずは、そこに向けて頑張ります。2015/10/25

みかぎ

0
読みやすくて、たくさんの閃きをいただきました! 「論語」に全ての答えが書かれていた、という売り文句をどこかでみたけど、確かに!実感。 関西弁の読みやすい本書は、いまの私にはちょうど良かったと思う。2020/09/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5628684

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。