続 於于野譚

個数:

続 於于野譚

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月13日 08時10分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 583p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784861827501
  • NDC分類 929.13
  • Cコード C0098

内容説明

朝鮮庶民の見た秀吉の朝鮮出兵…日本人の認識の欠落を埋める歴史古典。待望の続編、翻訳完成!朝鮮民族の心の基層をなす、李朝時代の民衆説話・伝承の集大成。貴族や僧の世態・風俗、庶民や最下層の人々の人情の機微、伝説の妓生…。

目次

巻の1 人倫篇(孝烈;忠義 ほか)
巻の2 宗教篇(仙道;僧侶 ほか)
巻の3 学芸篇(文芸;識鑑 ほか)
巻の4 社会篇(科挙;求官 ほか)
巻の5 万物篇(天地;草木 ほか)

著者等紹介

柳夢寅[ユモンイン]
1559~1623年。朝鮮・李朝中期の名臣。豊臣秀吉による「文禄・慶長の役」で、家族を殺害されている。陰謀渦巻く宮廷の中で生き、1620~22年ころ、「於于野譚」を編纂した。1623年、政争によって謀反を企てたかどによって、息子とともに処刑された

梅山秀幸[ウメヤマヒデユキ]
1950年生まれ。京都大学大学院博士後期課程修了。桃山学院大学国際教養学部教授。専攻:日本文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。