大量殺人の“ダークヒーロー”―なぜ若者は、銃乱射や自爆テロに走るのか?

個数:

大量殺人の“ダークヒーロー”―なぜ若者は、銃乱射や自爆テロに走るのか?

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2017年10月24日 20時46分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 296p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784861826412
  • NDC分類 368.6
  • Cコード C0036

内容説明

事件と犯人の綿密な分析によって、動機・心理・社会背景を解明し、“銃乱射”や“自爆テロ”が生命を犠牲にした“表現行為”であり、現代資本主義の構造的な病理であることを明らかにした世界で話題の書!

目次

第1章 “俺はジョーカーだ”―オーロラ銃乱射事件とホームズ
第2章 “人間は過大評価されている”―ヨケラ高校銃乱射事件とオーヴィネン
第3章 “死ぬ直前、一瞬だけ勝者に”―コロンバイン高校銃乱射事件とハリス&クレボルド
第4章 “私はイエスのように死ぬ”―ヴァージニア工科大学銃乱射事件とチョスンヒ
第5章 現代資本主義社会において“犯罪”とは?
第6章 “ロボットのように殺人を”―ノルウェー連続テロ事件とブレイヴィーク
第7章 “民族のために生命を捧げた”―マクペラの洞窟虐殺事件とゴールドシュテイン
第8章 “誰も安全ではない”―アメリカ同時多発テロ事件とアタ、ロンドン英兵惨殺事件とアデボラージョ&アデボワール、ワシントン海軍工廠銃撃事件とアレクシス
第9章 “世界に広がる自殺の波”―横浜浮浪者襲撃殺人事件、引きこもり、フランステレコム社、イタリア・タラント市、モンサント社、フォックスコン社…
第10章 最も自殺の多い国の希望―ソウルへの旅
第11章 何もなせることがないときに、何をなすべきか?

著者紹介

ベラルディ(ビフォ),フランコ[ベラルディビフォ,フランコ] [Berardi“Bifo”,Franco]
フランス、イタリア、アメリカを股にかけて活躍してきた、先鋭的な思想家であり、メディア・アクティヴィスト。「ビフォ」(“Bifo”)の愛称で知られる。1949年、イタリア・ボローニャ生まれ。1970年代に、アントニオ・ネグリらとともにイタリアのアウトノミア運動を中心的に推進した一人で、雑誌『ア/トラヴェルソ(A/Traverso)』誌を創刊し、イタリア初の自由ラジオ(海賊放送)「ラジオ・アリーチェ(Radio Alice)」を開局した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)