モンサント―世界の農業を支配する遺伝子組み換え企業

個数:

モンサント―世界の農業を支配する遺伝子組み換え企業

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年01月19日 02時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 565p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784861823923
  • NDC分類 467.2
  • Cコード C0033

内容説明

世界43か国で、遺伝子組み換え種子の90%のシェアを誇るモンサント社―。この世界最大級のバイオ化学企業は、これまで、PCB、枯葉剤…と、史上最悪の公害をくり返し、多くの悲劇を生み出してきた。そして現在、遺伝子組み換え作物によって、世界の農業を支配しようとしている。いかに同社が、政治家と癒着し、政府機関を工作し、科学者に圧力をかけ、農民たちを訴訟で恫喝することによって、健康や環境への悪影響を隠蔽し、世界の農業を支配下に収めてきたか。本書は、3年にわたる調査によって、未公開資料、科学者・政治家・農民たちの証言をもとに、その驚くべき実態を明らかにした、世界が瞠目した話題騒然の書である。

目次

第1部 産業史上、最悪の公害企業
第2部 遺伝子組み換え作物―アグリビジネス史上、最大の陰謀
第3部 途上国を襲うモンサント
おわりに 「張り子の虎」の巨大企業
新版への補論 本書とドキュメンタリー映画への世界的反響について―「着実に持続する成功」
日本語版解説 モンサントのGMO作物と日本

著者等紹介

ロバン,マリー=モニク[ロバン,マリーモニク] [Robin,Marie‐Monique]
フランス人のジャーナリスト、ドキュメンタリー映像作家。1960年、フランスのポワトゥー=シャラント地方の農家に生まれる。ストラスブールでジャーナリズムを学んだ後、フリーランス・リポーターとして南米に渡り、コロンビア・ゲリラなどを取材した

村澤真保呂[ムラサワマホロ]
1968年生まれ。龍谷大学准教授(里山学研究センター研究員)

上尾真道[ウエオマサミチ]
1979年生まれ。立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員

戸田清[トダキヨシ]
1956年生まれ。長崎大学環境科学部教授。環境社会学、平和学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件