現代ドイツ思想講義

個数:

現代ドイツ思想講義

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 341p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784861823824
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C0010

内容説明

ハイデガー、フランクフルト学派からポストモダン以降まで。資本主義を根底から批判し、近代の本質を暴露した、思考の最前線を“危機の時代”のなかで再び召還する。

目次

第1回 ハイデガーからフランクフルト学派まで
第2回 実際に『啓蒙の弁証法』を読んでみる。1
第3回 実際に『啓蒙の弁証法』を読んでみる。2
第4回 実際に『啓蒙の弁証法』を読んでみる。3
第5回 フランクフルト第二世代―公共性をめぐる思想
第6回 ポストモダン以降
後書きに代えて―現代ドイツ思想史の“魅力”

著者等紹介

仲正昌樹[ナカマサマサキ]
1963年広島生まれ。東京大学総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程修了(学術博士)。現在、金沢大学法学類教授。「ポストモダン」が流行の80年代に学生時代をすごす。西洋古典、現代ドイツ思想、社会哲学、基礎法学などの“マトモ”な学問から、テレビ、映画、アニメ、はたまた松本清張などの“俗っポイもの”まで幅広くかつ真剣に議論を展開し、また医療問題にも取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

白義

8
フランクフルト学派、特にアドルノたちの「啓蒙の弁証法」を重点的に解きほぐしながら、ハイデガーからスローターダイクまでのドイツ現代思想を講義した好著。単純に一言で語るのを拒むアドルノたちの批判理論の核心の、重要な部分を冷静に時に俗なたとえも交えながら扱えていて仲正さんらしい一冊に仕上がっている。アドルノ=エリート主義の大衆文化批判、現代思想っぽい合理性批判だけの学者だと侮ると痛い目を見ること間違いなし。仲正氏らしくアドルノのヘルダーリン論なんかも紹介している2013/01/12

ぷるぷる

5
「啓蒙の弁証法」を解説を中心としたタイトル通りにドイツの現代思想の講義の本。歴史的背景を体系的に説明してくれるのでユーロコミュニズムからフランクフルト学派が自分の中で整理することができました。「啓蒙の弁証法」の中で取り上げられている神話の説明もそうだったのかと勉強させられましたし、文化産業についての捉え方も大衆娯楽に行き着くまでの根底にある西欧思想を少なくとも分かった気にはさせてくれます。所々にアニメの話なんかが散りばめられているのもお茶目です。分量もあり難しくもありますが割とスラスラ読めて有り難いです。2021/01/25

NагΑ Насy

4
アドルノを中心に読みながら、ハイデガーからベンヤミン、ハバマス、フランス構造主義経由のドイツのポストモダン、ベルリンの壁崩壊後のあたりまでの20世紀のドイツ思想を概観できた。しろうとには哲学タームの解説が便利。ただニーチェとかロマン主義に繋がると即ナチ圏=危険て書くのは短絡しすぎでないか? 敗戦後で人材は散りじりとなり左にいけばソ連共産主義が右にいけばナチの亡霊がというなかで思想はハーバマス以外まったく行き詰まりの様相。2013/10/06

カリスマ予備校生

4
ハイデガーアドルノハーバマスホネットスローターダイクなど。啓蒙の弁証法の解説にウェイトがおかれているが、フランクフルト学派の流れはかなりしっかり書かれているように思えた。知識があまりなくても読める読みやすさはいつもの通り。フランクフルト学派を知りたい人、啓蒙の弁証法の解説が欲しい人なんかに良さそう。2013/08/26

tieckP(ティークP)

3
これは優れた本。とりわけ、アドルノ・ホルクハイマーの「啓蒙の弁証法」を3回に分けて読んでる中盤については副読本として非常に良くできている。解説するに余裕ある知識量と、読者が疑問に思う水準を予測する正確さが双方伴っていて、議論がすっと入ってくる。ドイツ思想だけでなく、仏・米における潮流を後半に持ってきて相対化を図ってるのも、風通しがよくなって良い。装丁もいいし、1890円という価格もこのジャンルとしては頑張っている。題名だけは違和感があり、売るためだろうけど「現代」は一部で「戦後」とか「20世紀」が正しい。2012/07/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4653234

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。