メタヒストリー―一九世紀ヨーロッパにおける歴史的想像力

個数:

メタヒストリー―一九世紀ヨーロッパにおける歴史的想像力

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年07月05日 23時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 703p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784861822988
  • NDC分類 201.2
  • Cコード C0020

目次

歴史の詩学
第1部 受け入れられた伝統―啓蒙と歴史意識の問題(隠喩とアイロニーのはざまの歴史的想像力;ヘーゲル―歴史の詩学とアイロニーを超える方法)
第2部 一九世紀の歴史記述における四種類の「リアリズム」(ミシュレ―ロマンスとしての歴史的リアリズム;ランケ―喜劇としての歴史的リアリズム;トクヴィル―悲劇としての歴史的リアリズム;ブルクハルト―風刺劇としての歴史的リアリズム)
第3部 一九世紀後期の歴史哲学における「リアリズム」の拒否(歴史意識と歴史哲学の再生;マルクス―換喩の様式における歴史の哲学的弁護;ニーチェ―隠喩の様式における歴史の詩的弁護;クローチェ―アイロニーの様式における歴史の哲学的弁護)
結論

著者等紹介

ホワイト,ヘイドン[ホワイト,ヘイドン] [White,Hayden]
アメリカの歴史家、批評家。現在、カリフォルニア大学サンタ・クルーズ校名誉教授。1928年生まれ。1951年にウェイン州立大学を卒業後、1956年にミシガン大学大学院で博士号を取得。ロチェスター大学、カリフォルニア大学ロスアンジェルス校の歴史学部で教鞭を執り、1973年、同校の人文学センター長に就任。1976年、ウェズリアン大学で歴史・文学教授を務めたのち、1978年、カリフォルニア大学サンタ・クルーズ校人文科学部に新設された「意識の歴史(History of Consciousness)」コースの教授に就任。1995年から2014年まで、スタンフォード大学で比較文学・ドイツ研究のコンサルティング・プロフェッサーを務めた。1991年、アメリカ芸術・科学アカデミーの会員に選出された

岩崎稔[イワサキミノル]
東京外国語大学総合国際学研究院教授。専攻:哲学/政治思想。1956年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おっとー

7
邦訳までに43年を要し、もはや邦訳出る出る詐欺と揶揄していた歴史学の大著。歴史の「事実」や実証主義の「客観性」に疑問を投じ、特に19世紀に活躍した歴史叙述者を題材として彼らの歴史へのスタンスやバイアスを分析する。歴史学のフィールドをテーマの多様性から叙述の多様性へと押し広げる可能性を持った作品。しかし、歴史の物語性を語りつつ「4つの喩法」「4つのプロット」という固定的(素朴的)にも見える分析手法を採用したり、自身の著作をわかりにくい・つまらないと断言したり、筆者のスタンスはふわふわして超ひねくれている。2022/06/04

roughfractus02

6
歴史学には自然科学のような説明モデル(例:地動説と天体の楕円軌道モデル)がないゆえに他の学的領域にモデルを求める、と著者は言う。文学的プロット化、自然科学的論証、社会科学的イデオロギーの3領域からモデルを借りて、各々修辞(アイロニー、隠喩、換喩・提喩)を駆使して歴史がその正統性を主張する様を、本書は、歴史が体系化する19世紀にアイロニー→隠喩→換喩・提喩→アイロニーの螺旋的段階として描出する。著者は歴史を解釈と捉え、それを分析する自らも歴史の詩学(かつ説得術)と認めつつ、終わりない歴史への懐疑を提起する。2020/04/04

渡邊利道

5
十九世紀の歴史学の代表的著述家を言語論転回以後の哲学・文芸批評の方法で論じた大著。物凄い大著なので読むのも大変だがその実叙述は簡明で時間はかかるもののすっきり理解できる。史料から立ち上がる「場」が、ストーリーとして把握され叙述の上でプロット化され、論証されてイデオロギー的に意味付けられるという流れ。扱われるのは前提となる歴史哲学にヘーゲル、十九世紀の「リアリズム」的歴史家としてミシュレ、ランケ、トクヴィル、ブルクハルト、それに対する反リアリズムの歴史哲学者としてマルクス、ニーチェ、クローチェ。2018/03/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12310729

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。