テクノ/バイオ・ポリティクス―科学・医療・技術のいま

個数:

テクノ/バイオ・ポリティクス―科学・医療・技術のいま

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月22日 03時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 294p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784861821783
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C0330

内容説明

生体工学・情報工学は人類の存在基盤を変え、テクノサイエンスが社会を構築するにいたった。商業と一体化し、国家的プロジェクトともなった科学研究のポリティクスを読み解く。

目次

第1部 テクノサイエンスのポリティクス(エキゾチックな中絶薬―一八世紀大西洋世界における植物のジェンダー・ポリティクス;科学言説と「女性」の構築―E.クラークの女子高等教育論をめぐって;科学技術の現場から―工場法からテクノサイエンスまで;ウェブ世界の「ジェンダー」 ほか)
第2部 生殖のストラテジー(人口政策のストラテジー―「産めよ殖やせよ」から「家族計画」へ;少子化対策と特定不妊治療費助成事業;生殖に関する人由来物質の資源化/材料化―フランス「生命倫理法」における議論から;研究用卵子提供の何が問題なのか―韓国の黄禹錫論文捏造事件を中心に ほか)

著者等紹介

舘かおる[タチカオル]
お茶の水女子大学教授。女性学・ジェンダー研究専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

poku

3
レポートでの参考文献に。2014/12/04

okimine_yuiki

0
本当は『植物と帝国ー抹殺された中絶薬とジェンダー』を頑張って読了しようと思ったけれども諦めた。「アグノトロジー(無知学)」がキーワード。当時の南米はとても過酷で、農場主の妻よりもインディオや奴隷の男性の方が遙かに虐げられていただろう。こういう状態でジェンダーを命題にするのに中絶薬は確かにピッタリだと思った。他にも12章はDNA親子鑑定の話があった。疑り深い男性たちが出生前親子鑑定を行わせる話はビックリした。リスク無いと勘違いしてるのかな?話変わるが「カッコウって凄いよね!托卵って自然の不思議!」と思って2023/12/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1798817
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。