セックス・チェンジズ―トランスジェンダーの政治学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 605p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784861820472
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C0010

内容説明

性転換、TS、TGとは何か?米国の最も過激な思想家カリフィアが、多くの当事者・関係者への調査・分析、そして自身の「性転換」の体験をもとに、20世紀におけるTGの歴史と現在、医療者との葛藤、フェミニストとの軋轢、TG内部の相克を描いたTG論の決定版。サンディ・ストーン、野宮亜紀論文を併載。

目次

セックス・チェンジズ―トランスジェンダーの政治学(パトリック・カリフィア)(スペア・チェンジズ―なぜ、そしてどのようにこの本が生まれ出たのか;トランスセクシュアルの自伝―第一の波;父親的存在―ジェンダー科学者たち;バックラッシュ―フェミニズムにおけるトランスフォビア;「ベルダーシュ戦争」とパッシング・ウーマンの愚行―ゲイ学識者のトランスフォビア;現代トランスセクシュアルの自伝 ほか)
帝国の逆襲―ポスト・トランスセクシュアル宣言(サンディ・ストーン)
日本における「性同一性障害」をめぐる動きとトランスジェンダーの当事者運動―Trans‐Net Japan(TSとTGを支える人々の会)の活動史から(野宮亜紀)
「セックス・チェンジズ」は性転換でも、性別適合でもない―解説にかえて(竹村和子)

著者等紹介

カリフィア,パトリック[カリフィア,パトリック][Califia,Patrick]
トランスジェンダー・アクティヴィスト、理論家、レズビアンSM作家。かつては、自らを「サディスト」「レズビアン」「フェミニスト」であると述べていた。『セックス・チェンジズ』第一版(1997年)を執筆した時点では、パット(Pat)・カリフィアの名前でレズビアンの立場を取っていたが、性適合手術を受け、第二版(2003年)では、パトリック・カリフィアと著者名を変え、FTMトランスセクシュアルの立場を取るにいたっている

ストーン,サンディ[ストーン,サンディ][Stone,Sandy]
テキサス州立大学オースティン校先端コミュニケーション技術ラボラトリーの創設ディレクターにして、同校助教授であり、バンフ・センター・フォー・ジ・アーツのシニア・アーティスト、およびカリフォルニア州立大学アーヴァイン校人文リサーチ・インスティチュートのフェロー。映像作家、ロックンロールの音楽エンジニア、神経学学者、社会学者、サイエンス・フィクション作家、パフォーマー

竹村和子[タケムラカズコ]
お茶の水女子大学大学院人間文化研究科教授。専攻は英語圏文学・批評理論

野宮亜紀[ノミヤアキ]
トランスジェンダー/トランスセクシュアル/性同一性障害の自助・支援グループ「Trans‐Net Japan:TSとTGを支える人々の会」運営メンバー。和光大学非常勤講師

石倉由[イシクラユウ]
小説・評論執筆、翻訳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takizawa

8
FTMの側面を持つ著者による,トランスジェンダーに関する包括的・網羅的な考察。トランスジェンダーがいかに誤解を受けやすい存在であるか,過去にどのように不当な扱いを受けてきたかがよく分かる本。しかもその最たるものが,同じ性的マイノリティであるLGによってなされている,というのが衝撃(LGの中にあるトランスフォビア)。TSをパートナーに持つ人々を性的マイノリティの一種として括り可視化していくのは(今まであまり意識したことがなかったが)良い試みだと思う。2012/05/06

なめこ

4
とてもパワフルな論考。トランスジェンダー(トランスセクシュアル、トランスヴェスタイトなどを含む)についてここまで網羅的に、かつ緻密に取り上げられた文章を不勉強ゆえに今まで読んだことがなかったので、世界を塗り替えられるような鮮やかな衝撃があった。この本を読んで、トランスとは一方の性別から一方の性別へ完全に移行することだという性別二元論に強く影響された偏ったイメージを、自分自身が内面化していることに気付かされた。今後も考え続けたいもんだい系のひとつとして忘れないようにしたい。2016/08/27

更新停止中

0
これで殴られたら死にそうに厚い本。読んでみれば殴られ続けて死ぬのではないかというほど熱い本。セクシャル・マイノリティ『ではない』と自認している人、トランスジェンダーについて『偏見を持っていない』と自認している人、そういう我々こそが読まねばならない。2009/08/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/225352

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。