新聞原典史料『アヴィーゾ』『レラツィオーン』―新聞発達史上の午前0時について

個数:

新聞原典史料『アヴィーゾ』『レラツィオーン』―新聞発達史上の午前0時について

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 200p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784861632358
  • NDC分類 070.234
  • Cコード C3036

内容説明

西暦1609年、生まれたばかりの新聞は、人々に何を伝えたのか?―新聞黎明期の原典史料を詳細に読み解きながら、その思想・役割・形態を現代の視点から明らかにする。

目次

第1章 総説(現代紙への前提条件;『レラツィオーン』紙と『アヴィーゾ』紙 ほか)
第2章 「新聞」(週刊新聞)が登場する以前の新聞―新聞へ至る道筋(「手書き」の新聞;『新しいお知らせ』の登場 ほか)
第3章 『アヴィーゾ』紙と『レラツィオーン』紙における形式と記事の内容(「新聞」の3層構造:「号」「通信」「記事(奇稿文)」
通信の発信地 ほか)
第4章 『アヴィーゾ』紙と『レラツィオーン』紙における情報の価値(情報源の明示;通信の内容を確信できない場合の表現方法 ほか)
第5章 「新聞批判」の始まり(「新聞」の研究者達;新聞が新聞であるための基準 ほか)

著者等紹介

大友展也[オオトモノブヤ]
北海道札幌市生まれ。埼玉大学にて修士号取得後、1985年渡独。1990年、ドイツ・テュービンゲン大学にて博士号取得。ドイツ・コンスタンツ大学研究プロジェクト助手を経て、岩手大学人文社会科学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆみまき

0
付録が一番興味深かった。ドイツ語習っている人が読むと、もっと楽しく読めるのかも。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8082319
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。