高等教育ライブラリ<br> 大学入試と高校現場―進学指導の教育的意義

個数:

高等教育ライブラリ
大学入試と高校現場―進学指導の教育的意義

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月19日 02時37分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 235p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784861632228
  • NDC分類 376.8
  • Cコード C3037

内容説明

高校の「教育的営為の根幹」とは何か?その中で、大学入試はどんな「役割」を与えられているのか?“隠れたカリキュラム”あるいは“潜在的なカリキュラム”として見え隠れする「全人教育」をキーワードに、多様化する現在の高等学校教育と大学入試制度の相互関係を深く考察する。

目次

第1部 大学受験の教育的意義―主として大学側の視点から(大学入試の多様化と進路選択・進路指導;受験生心理からみる大学入試;高校教育と大学入試の関係性をどう捉えるか―キーワードとしての「全人教育」)
第2部 大学受験の教育的意義―主として高校側の視点から(地域拠点校としての進路指導の在り方;科学技術高校に向けた継続教育の充実;東日本大震災被災校の奮闘―困難の克服と日常の回復に向けて ほか)
第3部 「受験は団体戦」なのか?(討議;変わりゆく教育環境の中で、問われる大学入試)