共感と感応―人間学の新たな地平

個数:

共感と感応―人間学の新たな地平

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 381p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784861631672
  • NDC分類 114
  • Cコード C3010

内容説明

「共感」と「感応」の水脈を掘り起こしながら“哲学的人間学”を探索する。哲学・倫理学・実験心理学・表象文化論・国文学・美術史・宗教思想史・社会学など、多岐にわたる学問分野の共同研究から「人間学」の再活性化を目指す。

目次

1 共感する心(共感のクオリア―形而上学の通路としての;共感の進化―「心の理論」はなぜあるか?;想像力と共通感覚―カント哲学のコンテクスト;共有知としての「良心」についての一考察―「良心」は誰のものか?)
2 感応する身体(微笑と感応―ルネサンス期の絵画における微笑みの誕生と主観性の原理;文学と手紙―感応の遊戯;幽霊の表象に見る近世の身体観;曽我教学に於ける感応道交について)
3 共鳴する空間、融合する地平(静物画としての自画像、あるいは自画像としての静物画;至福直観と享受―西洋中世における享受の問題;光輝く者との交感―ヒルデガルト・フォン・ビンゲンのヴィジョン;「共感」と社会秩序―スミスの「同感」、ヴェーバーの「諒解」)
4 表現学への回廊(文化風土と絵画表現―文化比較の視点から;デューラーとブリューゲルの空間描写の違い)

著者等紹介

栗原隆[クリハラタカシ]
1951年、新潟県生まれ。東北大学大学院文学研究科博士課程前期課程修了。神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。学術博士。神戸大学助手などを経て、現在、新潟大学人文学部教授。(近世哲学、倫理学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。