明治期民事裁判の近代化

個数:

明治期民事裁判の近代化

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 465,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784861630323
  • NDC分類 327.2
  • Cコード C3032

目次

第1章 明治期の民事裁判制度と裁判手続の概観
第2章 訴訟の資料からみた明治前期の民事訴訟
第3章 明治初年の民事訴訟事件新受件数の考察
第4章 明治初期の大審院判決の諸相と上訴制度
第5章 明治期の経済変動と民事裁判件数の関係
第6章 明治前期の民事訴訟における「三百代言」
第7章 司法省法学校を卒業した裁判官の判決書
第8章 明治前期損害要償事件の訴訟経過の一例
第9章 ある損害要償事件の民訴法施行後の展開
第10章 明治期の民事訴訟と佛・独の民事訴訟法―「まとめ」にかえて

著者等紹介

林屋礼二[ハヤシヤレイジ]
昭和5年東京生まれ。東北大学法学部卒業。学習院大学法学部教授・東北大学法学部教授を経て、東北大学名誉教授。民事訴訟法専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。