世界をゆるがしたアート - クールベからバンクシーまで、タブーを打ち破った挑戦

個数:

世界をゆるがしたアート - クールベからバンクシーまで、タブーを打ち破った挑戦

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月17日 05時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5変判/ページ数 208p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784861528767
  • NDC分類 702.06
  • Cコード C0070

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くさてる

17
1850年から1990-現代にいたるまでのアートの流れを網羅した解説書。一般的に分かりやすく、教科書のように読みました。1960年以降の流れが大変刺激的。2022/05/29

ganesha

5
1850年から現在までの美術の変化を年代順にまとめた一冊。50の作家の代表作がカラー図版とともに紹介されていてわかりやすい。スピリチュアリティについてとイヴ・クラインの項に特に興味をひかれつつ読了。2022/06/17

サトゥルヌスを喰らう吾輩

3
「クールべからバンクシーまで、タブーを打ち破った挑戦者たち」。アーティストおよび写真の選定に海外っぽい先進性を感じます。ひとつひとつの項目に抱く印象がぜんぜんちがうので一冊としての感想をまとめるのが難しいですが面白かったです。いろんな人がいろんなことをやった結果アートの世界にタブーはもはや存在しなそう。これからの挑戦は一歩まちがえればただの反動になってしまいそうだなあと思うなどしました。挑戦すること以上に規範をどのように解釈するかでアーティストのセンスが問われる時代になってきている気がします。2022/06/22

aoto

3
絵画史に影響を与えたであろう人々の紹介と、そのアートの位置づけなどがまとめられている。カラフルなページが見目にも読みやすく、記述もポイントが押さえられていて頭に入りやすい。カメラ普及後の話が中心。印象派から抽象絵画への移行、その後の戦時、大量生産時代、現代へとテーマが続く。後半の現代アートに近づくと前衛的すぎて、作品や作家の選考基準に違和感も覚える。2022/04/23

つじつじ

1
現代アートは、ちょっと刺激的で辛い表現が多かった。昔の人も、その時代の名画は、そんな感じだったのかしら?2022/06/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19388828

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。