アリアンローズ<br> 義妹(いもうと)が勇者になりました。

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

アリアンローズ
義妹(いもうと)が勇者になりました。

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 291p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784861346293
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

「勇者さまは…?」「このひとです」ある日突然、義妹の天音(アマネ)に巻き込まれて異世界に召喚されたあたし、里桜(リオ)は、第一声にそう訊かれて即座に義妹を指差した。天音は「お姉ちゃんひどい!」と涙目だけど、容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能という神に愛されまくりな君以外の誰が“勇者”?…てことで、勇者業は面倒くさそうだからあたしパス。ひょんなことから手に入れた“闇”の力を使って、二人で元の世界に帰る方法を探してくるよー。怠惰な姉と優等生な妹が行く、裏道系ライトファンタジー。ネットで話題の小説、書き下ろし番外編を加えて待望の書籍化!

著者等紹介

縞白[シマシロ]
『義妹が勇者になりました。』がネットで評判となり、2013年7月出版デビュー。岐阜県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

なぎ

19
イラスト、双子じゃないのに双子に見える。文章ではこの2人の容姿に差があるっぽいのに…(。-∀-)2015/05/21

T.Y.

9
異世界に勇者として召喚された女子高生・天音と、一緒に召喚された義理の姉・里桜。しかし里桜は闇の力に覚醒してしまい、妹を助け元の世界に変える道を探し召喚した連中に落とし前を付けさせるために密かに活動することに…。妹のことを完璧超人と言いつつ本人も(闇の力や魔法以外にも)やたらとハイスペックでタフ、飲む打つ喧嘩する盗むと荒みまくりの里桜の活躍が痛快。能力は圧倒的だが自分の力との向き合いが話の軸になるのも悪くない感じ。ただ旅立ってからは妹の出番なしで…妹の冒険を陰から助けるという感じは薄い。まあいいか。2015/01/18

葛野桂馬@時津風@ハスター

4
こんなタイトルだけど、主人公は義妹よりも魔王(?)になったお姉ちゃん。まあ、タイトルは姉目線だから、間違いじゃないと言えば間違いじゃないんだけど。勇者になった無敵超人もとい無敵美人の義妹をほっといて、何故か闇の力で暴走しまくる姉。どこにいても自由でシスコンな姉が可愛かった。欲しくはないけどね。2014/03/22

ネクロス

4
出版社仕事してない。 画をつけて紙に刷っただけ、というくらい出版社仕事してない。 話の区切りとか、なんでタイトルだけ前ページにある場所があるん? 縦書き自動出力の方がまだ仕事してる。 元はなろう小説。最近は別作品の更新でこっちはあまり更新されてませんでしたが、応援も込めて購入。 元のデータは残ってるので、そちらを読むほうが読みやすい。ネット版よりいいのは、巻末外伝と画があることだけ。2013/07/19

克夢

3
完結してないようだから、悩んでたけど三巻までブックオフで売ってたので、購入!!やだ!すっごく好みだった!!2016/06/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6859251

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。