雛田松溪―その詩と生涯

雛田松溪―その詩と生涯

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 315p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784861322686
  • NDC分類 919.6
  • Cコード C0023

内容説明

維新を生きた詩人・雛田松溪が、越後国加茂の青海神社神官として遺した漢詩集『我為我堂集』を読み解く。

目次

我れ我たり
修行の旅
尊皇攘夷
花鳥風月
蒲原遊記
柏崎へ
再び柏崎へ
柏浦十三勝
交友
自分を詠む
戊辰戦争と投獄
新しい世に
おわりに

著者等紹介

結城重男[ユウキシゲオ]
1936年、長岡市上除に生まれる。新潟大学教育学部長岡分校卒業。1997年、長岡西中学校を最後に定年退職。2007年、悪性リンパ腫のため永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。