初めてでも損をしない不動産売却のヒケツ―マンション・戸建て・土地を売るとき

個数:
  • ポイントキャンペーン

初めてでも損をしない不動産売却のヒケツ―マンション・戸建て・土地を売るとき

  • 山本 健司【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • サンルクス(2020/01発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2020年04月10日 12時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 183p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784861136986
  • NDC分類 324.2
  • Cコード C0033

内容説明

知らないうちに何百万円も損をさせられる?不動産会社の担当者は客の味方ではない?大手の会社でもウソとごまかしだらけの実態?業界の誰も書けなかった不動産売却のホント!

目次

1 頼りになる不動産会社の見極め方(不動産売却の落とし穴、「両手仲介」に気をつける;「囲い込み」という、ごまかしのテクニックに乗らない ほか)
2 損をしない不動産売却のための基礎知識(不動産売却の流れを理解する;自分の物件の相場を調べておく ほか)
3 売るべきタイミングと販売活動中の注意点(売却のタイミングを見極める;売り先行か、買い先行か ほか)
4 物件の種類で売り方は変わる(物件の種類で異なる売却時の注意点や特徴を知ろう;相続物件の売却では、複数相続人の意見の取りまとめにも配慮する ほか)
5 不動産会社は教えてくれない、知らないと損をする税金の話(譲渡所得には税金がかかり、確定申告が必要になる;マイホームを売るなら活用を検討すべき4つの特例 ほか)

著者等紹介

山本健司[ヤマモトケンジ]
ミライアス株式会社代表取締役、1983年生まれ。法政大学法学部法律学科卒業後、東京都豊島区で50年続く不動産会社の3代目として家業に従事。その後、東急リバブル株式会社に入社し、不動産仲介部門契約件数全国1位を連続受賞。ソニー不動産株式会社(現SREホールディングス株式会社)に転職すると、最年少マネージャーとして、住宅・投資・開発事業に携わり社長賞を受賞。2018年10月に独立し、ミライアス(株)を創業する。不動産仲介事業のほか、不動産コンサルティング、不動産開発事業、中古不動産買い取り・再販事業も行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。