プルーフロックの世界―T.S.エリオットの限りなく悩めるもの

個数:

プルーフロックの世界―T.S.エリオットの限りなく悩めるもの

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 380p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784861106729
  • NDC分類 931
  • Cコード C0098

内容説明

第一詩集『プルーフロックとその他の観察』の全12篇と、同時期に書かれた3篇、計15篇の短誌を精密かつ多角的に解読。疎外され孤絶した人間への限りない愛を掬い取る。

目次

“The Love Song of J.Alfred Prufrock”―愛の不能と孤絶感
“Prufrock’s Pervigilium”―Infinitely Suffering Thing
“The Love Song of J.Alfred Prufrock”―第1章の続き(Resumed)
“Portrait of a Lady”―自意識過剰青年の悲劇
“Preludes”―Sordid Imagesへの懐かしみ
“Interlude in London”―不毛の春を歌う
“Rhapsody on a Windy Night”―曲がったもののイメージを通して
“Morning at the Window”―象徴としてのRATと海流のイメージ
“The ‘Boston Evening Transcript’”―ボストン市民の虚飾の仮面を剥ぐ
“Aunt Helen”―不毛の生と死
“Cousin Nancy”―奔放なSatan
“Mr.Apollinax”―BpstonのHigh Societyおw揺さぶるPriapic Energy
“Hysteria”―断片から個へのあがき
“Conversation Galante”―ロマン主義への決別
“La Figlia Che Piange”―神聖なるものの存在

著者等紹介

遠藤光[エンドウヒカル]
1943年、新潟県南魚沼郡生まれ。1972年、法政大学大学院人文科学研究科英文学専攻博士課程単位取得満期退学。1981年、英国ケンブリッジ大学客員研究員(1年間)。1993年、英国ケント大学客員研究員(1年間)。現在、実践女子短期大学名誉教授。2011年、R.H.ブライズ記念第5回山茶花クラブ賞受賞(受賞対象:学術文芸年刊誌、AΛHΘEIA(『アレーテイア』)(1985年11月創刊)の企画編集・著述・校訂・発行の長年にわたる功績に対して)。日本英文学会会員。日本T.S.エリオット協会会員(元委員:元事務局長1996‐1999)。日本ギリシャ協会会員。国際融合文化学会(名誉会員)。元アレーテイア文学研究会(主幹1985‐2017)。元社団法人東京都私立短期大学協会・英語教育研究委員会(委員1995‐1999)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。