大型店の立地再編と地域商業―出店規制の推移を軸に

個数:

大型店の立地再編と地域商業―出店規制の推移を軸に

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月19日 14時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 310p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784860993498
  • NDC分類 672.9
  • Cコード C3025

目次

第1部 大型店の立地再編に関わる環境変化(日本における総合スーパーの成長と再編;日本における大型店出店規制の推移)
第2部 総合スーパー各社による店舗網の再編と出店戦略の変化(中京圏における大店法の運用緩和に伴う店舗網再編と出店戦略;2000年代以降の店舗網再編と地域市場の深耕)
第3部 大型店の出店をめぐる地域の対応(京都府南部における大店法の運用からみた大型店出店過程の相違;近鉄京都線高の原駅前における大店立地法に基づく大型店出店調整;京都市における大型店の立地再編と出店調整のローカルルール)
第4部 中心市街地における商業活動の衰退と商店街のまちづくり(大阪府八尾市における大学のキャンパス新設に伴う学生参加によるまちづくり;愛媛県今治市における地域おこし協力隊によるまちづくり)

著者等紹介

安倉良二[ヤスクラリョウジ]
1971年大阪府吹田市生まれ。立命館大学大学院文学研究科地理学専攻博士課程単位取得退学。博士(学術)。専門分野は、都市地理学、流通地理学、商業地理学。現在、立命館大学・大阪経済法科大学・桃山学院大学・神戸国際大学の非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。