環境を守る森をつくる

個数:
  • ポイントキャンペーン

環境を守る森をつくる

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 157p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784860993245
  • NDC分類 653.4
  • Cコード C3061

目次

第1章 環境を守る森をつくるにあたって(環境保全林とは;樹種の選定どんな樹種がよいか;主な樹種の特性 ほか)
第2章 環境保全林づくりの手法(ふるさとの木を知る、森をしらべる;森づくりの目標を定める;苗木を準備する ほか)
第3章 環境保全林のつくりとはたらき(落葉量とその年変動と季節変化;落葉の分解;大気を浄化するはたらき ほか)

著者紹介

原田洋[ハラダヒロシ]
1946年静岡県三島市生まれ。横浜国立大学卒業。学術博士(北海道大学)。横浜国立大学助手、助教授を経て教授。現在、横浜国立大学名誉教授。NPO法人国際ふるさとの森づくり協会理事。みんなの森づくり総研特別顧問

矢ヶ崎朋樹[ヤガサキトモキ]
1973年神奈川県逗子市生まれ。1997年横浜国立大学教育学部卒業。2007年横浜国立大学大学院環境情報学府修了。博士(環境学)(横浜国立大学)。財団法人国際生態学センター研究員を経て、現在、公益財団法人地球環境戦略研究機関国際生態学センター研究員。現在は、「生物多様性にまつわる村落住民の知恵・技術や生態系サービスの評価」をテーマに国内外で調査・研究を進めている。毎年、自然観察会や学習講座、技術研修等において、自然保護や森林保全、環境教育の重要性などを紹介している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「ふるさとの森」や「いのちの森」とも呼ばれる環境保全林のつくり方から働きまでを、著者の研究・活動の経験をもとに解説。

第1章 環境を守る森をつくるにあたって
1 環境保全林とは
2 樹種の選定 どんな樹種がよいか
3 主な樹種の特性
4 環境保全林の形態
5 環境保全林の到達目標とは?
6 環境保全林の問題点

第2章 環境保全林づくりの手法
1 ふるさとの木を知る、森をしらべる
2 森づくりの目標を定める
3 苗木を準備する
4 ポット苗を育てる
5 苗木の病気と外来生物に気をつける
6 植える場所を整える
7 苗木を植える、みんなで植える
8 森を管理する
9 森の生長をしらべる
10 環境に配慮する

第3章 環境保全林のつくりとはたらき
1 落葉量とその年変動と季節変化
2 落葉の分解
3 大気を浄化するはたらき
4 環境保全林の防音・減音機能
5 樹林の温度緩和のはたらき
6 照葉樹自然林や都市近郊二次林との比較
7 環境保全林の自然性の度合いを土壌動物で測る

引用文献
索  引

原田 洋[ハラダヒロシ]
原田 洋(はらだ ひろし)
略歴: 1946年静岡県三島市生まれ。横浜国立大学卒業。学術博士(北海道大学)。横浜国立大学助手、助教授を経て教授。現在、横浜国立大学名誉教授。NPO法人国際ふるさとの森づくり協会理事。みんなの森づくり総研特別顧問。
主な著書:『自然を調べる』(監修・共著、木馬書館)、『日本現代生物誌 マツとシイ』(共著、岩波書店)、『植生景観史入門』(共著、東海大学出版会)、『小さな自然と大きな自然』(東海大学出版会)、『環境保全林 都市に造成された樹林のつくりとはたらき』(共著、東海大学出版部)、『土壌動物 その生態分布と多様性』(共著、東海大学出版部)など。

矢ケ崎朋樹[ヤガサキトモキ]
矢ケ崎朋樹(やがさき ともき)
略歴: 1973年神奈川県逗子市生まれ。1997年横浜国立大学教育学部卒業。2007年横浜国立大学大学院環境情報学府修了。博士(環境学)(横浜国立大学)。財団法人国際生態学センター研究員を経て、現在、公益財団法人地球環境戦略研究機関国際生態学センター研究員。
主な論文と活動:『植物社会学的、民族生物学的アプローチに基づく地域景観の資源性評価』(共著、生態環境研究)など。現在は、「生物多様性にまつわる村落住民の知恵・技術や生態系サービスの評価」をテーマに国内外で調査・研究を進めている。毎年、自然観察会や学習講座、技術研修等において、自然保護や森林保全、環境教育の重要性などを紹介している。