離島研究〈5〉

個数:

離島研究〈5〉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B5判/ページ数 244p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784860992927
  • NDC分類 291.017
  • Cコード C0025

目次

1 島へのまなざし(離島を対象とした人文地理学研究の動向;風景印にみる「島らしさ」の表現)
2 島の環境と暮らし(三宅島雄山噴火による長期避難とその後の復興過程;昭和初期の喜界島阿伝における生業活動からみた環境利用と生活空間;忽那諸島―睦月島における高齢者サポートに関する一考察)
3 島をめぐる人口移動(近世中期から近代の芸予諸島における出稼ぎと海外移民―大三島・旧岡山村を中心に;奄美大島出身者にみられる長周期Uターン移動の発生要因;石垣島川平における混住化と古集落の再編)
4 島の産業―その盛衰(浦戸諸島におけるハクサイ採種業の展開;岩城島における高齢就農者による柑橘品種の多様化とその地域的帰結;奄美諸島における糖業動力と搾車;長崎県池島における炭鉱開発と住民の対応;宮古島観光におけるインターネットの役割とその変化)