絶家を思う―これからも代々の家系を守れるか 墓を維持できるか

個数:

絶家を思う―これからも代々の家系を守れるか 墓を維持できるか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年07月22日 03時47分現在)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/高さ 19cm
  • 商品コード 9784860815530
  • NDC分類 288.3

内容説明

時代は変わりつつある。どの家庭でも一度は考えねばならない課題―「無葬時代」の供養をどうするか。悩む名家の決断は?

目次

第1章 薄れゆく人を思うこころ―落ちこぼれ末裔の不安(後継ぎをどうするか;複雑な時代の不安;系譜とは何であろうか)
第2章 ルーツはみんな持っている―名家、名門、そしてお家騒動(姓の発祥の由来;田中、渡辺などいずれも由来が;名家を継いでゆく難しさ)
第3章 先祖の墓と系譜を繋ぐ―「死とは無である」との教え(墓にかける思い;人間はいずれ消え去るもの;遠い郷里への複雑な思い)
第4章 土地の人に敬われた先祖―伊達政宗の懐(義民として祀られた末裔;長宗我部の血筋;阿波に眠る人々)
第5章 「墓じまい」と「個」の時代がきた―無理せず流れに任せる(天皇と長宗我部家;時代の変化も見据えて;さて自分はどこに眠る)

著者紹介

長宗我部友親[チョウソガベトモチカ]
1942年、高知市生まれ。早稲田大学卒業。共同通信社に入り、経済部長などを経て、2002年、常務監事。04年に退任。長宗我部元親の末弟、親房から17代目の当主。盛親亡き後、本流が絶えたため、祖父・親(秦霊華)が長宗我部家の末裔、元親公孫として昭和天皇の勅使から元親の正三位への贈位記を受け取る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)