ディスコースマーカー英文読解

個数:

ディスコースマーカー英文読解

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月23日 13時46分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 256p
  • 商品コード 9784860660666
  • Cコード C7082

出版社内容情報

論理展開をつかむことで英文を理解する

「どのように長文を読むのか」を体系的に説明した読解問題集です。読解の糸口は「論理展開」。日本語なら「起承転結」という展開のパターンがあるように、英語、特に近年、入試でよく使われている論説文などの論理的文章には、論理展開のパターン(=「論型」)があります。この論型をカギに英文の大意をつかもうというのが、本書です。

ディスコースマーカーって何だ!

論理的な英文は、「論型」に従って書かれています。この論型をはっきり示す言葉がディスコースマーカー(Discourse Marker)です。Discourseとは「話」、Markerとは「標識」ですから、「話の筋道を示す言葉」という意味ですが、本書では、この話の標識「ディスコースマーカー」をもとに論型を見抜き、英文の大意をつかむ練習をします。

難関大学の入試問題で実戦演習

課題英文はすべて、東大、京大、早大、慶大をはじめとする難関大学の入試問題から選んだ22題。基本的な語彙・文法知識を身につけた後に、実際の入試に対応できる実戦力を養成する教材です。

検索に便利!「ディスコースマーカー・ハンドブック」

論型をつかむ方法をコンパクトに解説し、機能別にディスコースマーカーを整理した「ディスコースマーカー・ハンドブック」がついています。英文読解の時にはいつでも使ってください。

実際に英語を「使う」場合、一文一文構文を分析し、単語を調べて内容を読み取ることは不可能です。私は学生の時、専門は英語とは無縁の分野だったのですが、何の因果か、英文のレポートを毎日何十ページと読まなければなりませんでした。この本を作りながら感じたのは、その当時、もし読んでいたらあんなに苦労しなかったのに…ということ。使える英語力を身につけるための実戦的な学習法です。「経験者」としてお勧めします。