読んで楽しむ教科書<br> はじめて読む数学の歴史

電子版価格 ¥1,620
  • 電書あり

読んで楽しむ教科書
はじめて読む数学の歴史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 351p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784860641108
  • NDC分類 410.2
  • Cコード C0041

内容説明

3部構成で古代から近代までの数学の歴史を解説。

目次

第1部 古代の数学(古代オリエントの数学;タレスとピュタゴラス学派;プラトンの数学論;論証数学の成立;数論とその発展;ヘレニズム時代の数学;ギリシア三角法;ギリシア数学の終戦)
第2部 中世の数学(インドの数学;アラビアの数学;中国の数学;日本の数学;中性ヨーロッパの数学)
第3部 近代の数学(記号代数学の成立;近代力学の形成;確率論の始まり;解析幾何学の誕生;接線問題求積問題;無限の算術化;接線法と求積法の統一への途;微積分法の発見)

著者等紹介

上垣渉[ウエガキワタル]
1948年兵庫県生まれ。1972年東京学芸大学大学院修士課程修了。三重大学教育学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。