ノノちゃんとママのおはなし―ふたりの成長ものがたり

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

ノノちゃんとママのおはなし―ふたりの成長ものがたり

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月20日 07時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 88p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784860294908
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0095

内容説明

小さなノノちゃんと二人、森で暮しはじめたママ。動物たちとのふれあい、森の保育園、一緒にいる時間、離れている時間、新しいパパとの出会い。いわさきちひろの孫・春野さんが描く親子の世界!

目次

essay 等身大の母親の日々―このおはなしができるまで
森の仲間たちとの出会い
茶色のおうちの訪問客
春が運んできてくれたもの
森のベビーラッシュ
「入園許可」のお知らせ
ノノちゃんとママの離れて過ごす時間
ノノちゃんとママの散髪
川での出会い
「センセイ」のお悩み相談
ノノちゃんとママとセンセイ
立ってするトイレと、座ってするトイレ
ノノちゃんの抗議
ノノちゃんに、パパができた!
ノノちゃん、色を命名する
ノノちゃんの真っ赤な傘
初めてのコンサート
「ママ」でなくなる日、「ノノちゃん」でなくなる時間
森の仲間と作ったクリスマスツリー
essay これからも、いっしょに―あとがきにかえて

著者等紹介

松本春野[マツモトハルノ]
1984年、東京都出身。絵本作家、イラストレーター。2006年、多摩美術大学油画科卒業。祖母は絵本作家のいわさきちひろ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鱒子

57
図書館本。著者の松本春野さんは、いわさきちひろさんのお孫さんだそうです。森の動物たちと親子が触れ合うというファンタジックな内容。しかし実際の著者の子育てがベースになっており、子供のエゴと母親のエゴが見える、実に等身大のお話です。ーーわたしもねぇ、絵本の中のお母さんたちは立派すぎると常々思っておりましたよ。2020/01/06

papapapapal

34
作者の松本春野さんは、子どもの水彩画で有名な、いわさきちひろさんのお孫さん。優しい画風がどこか似ている。春野さん自身の出産から、その娘が4歳を迎えるまでの日々。「子どもと同じように喜怒哀楽があり、自分の欲求に正直で、時には誰かを傷つけることもある、人間らしい等身大の母親」でも良いのでは…そんな思いから生まれた大人の絵本。自身を取り巻く環境を、森と動物たちに例える視点が面白い。 母親だって未熟で不完全。当たり前の事だけど、私も自分が母親になるまでは、堅く難しく考えて、身構えてたかな…。2020/02/15

S.Mori

29
シングルマザーのおかあさんが一生懸命に娘を育てていくお話です。子供向けの絵本のようでありながら、大人のファンタジーのようなところもあり、物語自体が少し不自然になっています。でもその欠点を補って余りあるのがイラストの素晴らしさ。優しくて温かみがあり、眺めているとささくれた心が穏やかになります。どこかで見たことがあるようなと思ったら、作者はいわさきちひろのお孫さんでした。わたしはちひろの大ファンなので、その作風を受け継いでいる人の本を読めて本当に嬉しかったです。2020/10/17

ゆーり

18
図書館の新刊コーナーにあったのですが「ん?いわさきちひろ?の割に現代風の。。」いわさきちひろのお孫さんは絵本作家でしたか。シングルマザーのママと娘のノノちゃん。森の中のたくさんの動物と人間。手を差し伸べる優しい住人たち。決して「できた」大人ではないママは、自分の都合と家事育児に翻弄されながらも、母子が穏やかに過ごしていく日々が綴られてます。女の子なのに男子トイレで用を足したいノノちゃん、葉っぱの色が沢山あることに気付いたノノちゃん、コンサートホールで消灯したときの反応、小さな事件。だけど素敵。2020/03/29

みさどん

14
子ども向けの表現になっているけれど、これは子育てにおける母の心情を描いてあって、大人向けの様子。前半は森の動物が人と同じようにしゃべったり遊びに来たりして、後半は人間世界がメインって、なんだかちぐはぐだった。本音が描いてあるのだから、メルヘンでなくてよかったのではないかな。子育ての苦労はなるほどで、共感を生みそう。2020/06/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14578373
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。