P-vine books
アレン・ギンズバーグと旅するサンフランシスコ―カフェとビートとロックとジャズの聖地巡礼ガイド

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 262p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784860202927
  • NDC分類 930.29
  • Cコード C0097

目次

シティ・ライツ・ブックス
ノースビーチ
ロシアン・ヒルからカウ・ホロウまで
マーケット・ストリート
シビック・センターからユニオン・スクエアまで
ポーク・グルチからフィルモアまで(そして、西の一部)
ゴールデンゲイト・パーク、ヘイト・アシュベリー
サンフランシスコ市街地周辺
イースト・ベイ・ツアー
サウス・ベイ・ツアー
ノース・ベイ・ツアー

著者等紹介

モーガン,ビル[モーガン,ビル][Morgan,Bill]
ヴァーモントとニューヨークをベースに活動する作家、画家、アーカイブ・コンサルタント。特にアレン・ギンズバーグとは生前親しくしていて、ギンズバーグの死後、その著作や写真その他の資料アーカイブと管理を担ってきた

今井栄一[イマイエイイチ]
フリーランスのライター、フォトグラファー、エディター。『スイッチ』『ナショナル・ジオグラフィック』ほか多誌に寄稿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

garth

1
サンフランシスコに行ったときにはまずシティ・ライツ・ブックスを訪ねる自分にとっては最高のガイドブック。ビートとはファーリンゲッティとケルアックとギンズバーグとキャサディとグレゴリー・コルソとマイケル・マックルーアの友情のことだった--まるでヌーベルバーグのような--と教えてくれる本でもある。訳注は親切だがちょっと余計なことを書きすぎの感も。2010/09/20

つばな

0
そういえばビートってこういう感じだったなあ、と懐かしくなった。2013/09/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/647670

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。