ガタスタ屋の矜持―寄らば斬る!篇

個数:

ガタスタ屋の矜持―寄らば斬る!篇

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784860112301
  • NDC分類 019.04
  • Cコード C0095

内容説明

書評集成2005~2012。トマス・ピンチョンから太田光まで、厳選八十二作+その他五作。千五百字に詰まった一冊入魂の矜持をご覧じろ。

目次

1 二〇〇五年の本
2 二〇〇六年の本
3 二〇〇七年の本
4 二〇〇八年の本
5 二〇〇九年の本
6 二〇一〇年の本
7 二〇一一年の本
8 二〇一二年の本

著者等紹介

豊崎由美[トヨザキユミ]
1961年生まれのライター・書評家。「本の雑誌」「TV Bros.」をはじめ、さまざまな媒体に原稿を執筆。歯に衣着せぬ物言いと鋭利な書評で知られている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

marumo

28
再読。さーっと読み直しただけでも読みたい本があるなぁ。ボロボロにけなすときも、褒めちぎるときもホントに面白い。責任と覚悟を持って書評する信頼できるガタスタ屋さん。(ガター&スタンプ=書評家という意味だそう)ただでさえ、ここの感想で読みたい本が溜まる一方な私。しかも読み出したそばから他の本が気になってソワソワして一冊に向き合えず、なんだか読みたいんだか読みたくないんだか自分でもわからなくなる始末。守備範囲以上の情報が入り過ぎて、オーバーヒートしてる気がします。落ち着け、自分。でも、三並夏は読みたい!2016/11/12

miyu

27
翻訳本の好みが意外に似てるのですが、感じ方がやや違う場合が多く、それがホッと出来る要因にもなっている社長本でございます(失敬な!)リャマサーレスについて取り上げてたなぁという薄っすらとした記憶から再読。確かに言及してる。おまけに「誉めて」ますけど(# ゜Д゜)社長に誉められるって、どうなの?むしろケチョンケチョンか、いっそ無視の方が幸せじゃないの。などと猜疑心に囚われてしまいました。自分、どんだけネジ曲がっちゃったんだか(涙)「もう読むまい、強く心に誓いつつ。気づけば我が手にトヨザキ社長。」お粗末様。→2015/01/25

kuri8655

25
プロの書評家「ガタスタ屋」こと豊崎由美さんの2005~2012年刊87冊の書評集。感嘆詞の連投は文字数の無駄遣い、と考えるほうなので所謂‘豊崎節’はキライです。ですが、ただの書評にとどまらない、読み手をうっとり酔わせるような見事な表現が其処此処に…。まるで‘やり手の仲人さん’が新郎新婦を〇割増し(?)で立派に綺麗に見せるみたい。「やっぱ凄腕…」と唸りました。39冊を「読みたい本」に登録。読メのレビューが無いのは2冊だけ。さすが皆さん、よく読んでらっしゃる。豊崎評と読メレビューが乖離してる本にそそられます。2012/11/21

りつこ

23
この癖のあるオデ節が嫌でなかったら最高のブックガイド。私に関して言えば昔は苦手だったけど今はトヨサキスキーなので無問題。海外小説が大好き、新しいへんちくりんな小説も気になる、ケータイ小説大嫌い、といちいち趣向も似ているので、イイネイイネ!と付箋をはりながら読んだ。途中まで読んでわからん!と投げ出した本もこんなふうに分かりやすく熱く語られるともう一度挑戦してみようかという気持ちにさせられる。辛口イメージがあるけど、小説を愛していて憧れて応援したいという男気に溢れた人だ。2012/10/29

てふてふこ

18
本の好みは自分と違う書評家さんの書評を読みたいと思わせる唯一の存在・豊崎さん。今回はあとがきにもある通り、批評が少ない。あえて苦手なジャンルを避けたのかな。2013/10/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5131054

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。