科学書をめぐる100の冒険

個数:

科学書をめぐる100の冒険

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 261p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784860110284
  • NDC分類 404
  • Cコード C0095

内容説明

ミームに人工知能にHOX遺伝子にDNA関係にトンデモ系、読んでもよくわからないかもしれない科学書100書を解説。

目次

レオナルド・ダ・ヴィンチと進化論
遺伝子という窓から世界を覗く
違っているから「男」と「女」
人体のたどった道
個人を特定する方法
ミームという名の乗客
脳を作るのに必要なこと
天才について
ちょっといい科学話?
夢と眠りを知るために
人類史の「なぜ」をさかのぼる
サルの事情
変化する生態系といかに付き合うか
科学が成し得ること
日本のノーベル賞は少ないか
日本における科学研究
冒険は宇宙へ極地へ
最前線科学ネタ本を読む
生命操作と倫理の交叉点
タブーと科学の「今」

著者等紹介

田端到[タバタイタル]
1962年新潟県生まれ。早稲田大学中退、週刊誌記者を経て、現在はコラムニスト、スポーツ分析探偵

佐倉統[サクラオサム]
1960年東京都生まれ。東京大学文学部心理学科卒業、京都大学大学院理学研究科霊長類学専攻博士課程修了。チンパンジーの社会生態学で理学博士号を取得。フライブルグ大学情報社会研究所客員研究員、横浜国立大学経営学部助教授などを経て、現在は東京大学大学院情報学環助教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。