科学者の話ってなんて面白いんだろう―メタンハイドレートの対論会場へようこそ

個数:
電子版価格 ¥1,620
  • 電書あり

科学者の話ってなんて面白いんだろう―メタンハイドレートの対論会場へようこそ

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2017年10月20日 15時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 375p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784847095450
  • NDC分類 568.8
  • Cコード C0030

目次

第1章 日本は変わり始めている(メタンハイドレートを政府は、本当はどうしようとしているのか;メタンハイドレート開発の予算は充分か?;メタンハイドレートという希望;探査部門に限れば日本には数多くの技術者が育ってきた。課題は生産部門か)
第2章 科学者の挑戦、生みの苦しみ(砂層型メタンハイドレートの基礎研究は、本当にもう充分?;日本海の表層型メタンハイドレートの政府側の調査は、どうなっているのか?;メタンハイドレートの基礎物性についての研究とそのデータは充分活用されているか;メタンハイドレートの生産方法についての研究はどこまで進んでいるか;砂層型メタンハイドレートの研究開発のステップは確実に上がっている;技術の枠を官から民間に渡す;環境影響評価は前進している)
第3章 いよいよ使える自前資源の生産に向けて(メタンハイドレートから天然ガスを生産するのだから、それを運ぶパイプライン整備だ!;新発見!メタンハイドレートは探鉱がいちばん簡単か!;バイカル湖の体験を日本海で生かしたい;堺港発電所、その世界最優秀の技術者たちとの対話;メタンハイドレート由来のガスなら効率よく発電できる;メタンハイドレートの研究開発に水中ロボットを活用しよう)
まとめ 前へ進もう!自立は楽しい

著者紹介

青山千春[アオヤマチハル]
東京海洋大学准教授。東京都生まれ。1978(昭和53)年、東京水産大学(現・東京海洋大学)卒業。結婚後12年間育児に専念。1997(平成9)年、東京水産大学大学院博士課程修了(水産学)。アジア航測株式会社総合研究所、株式会社三洋テクノマリン、株式会社独立総合研究所取締役・自然科学部長を経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

2016年4月、東京海洋大学准教授に就任した著者が、今年4月に新設された海洋資源環境学部スタートのタイミングで、メタンハイドレートを専門的に且つわかりやすくまとめた一冊。日本海側の表層型メタンハイドレート研究の第一人者である青山千春博士が、この貴重な我が国の自前資源に関わる第一線の研究者、実務者20人と現状とその問題点、そして希望と展望を語り合った。帯には参議院議員である配偶者にして同志、青山繁晴氏の推薦文を掲載。