ABEMAアナウンサー西澤由夏です

個数:
電子版価格
¥2,200
  • 電書あり

ABEMAアナウンサー西澤由夏です

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月13日 00時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784847073373
  • NDC分類 699.3
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「下剋上アナ」として知名度&人気、急上昇! サイバーエージェントとテレビ朝日の共同出資による新しい未来のテレビ「ABEMA」の初代専属アナウンサー西澤由夏が、30歳を迎え待望のフォトエッセイを贈ります。
就職試験ではキー局のアナウンサー試験すべてに落ちるも、サイバーエージェントの営業職に就いたのち、入社2年目のときに初めて行われたABEMAのアナウンサー試験に見事合格。。幼い頃からの夢をかなえました。
現在は『チャンスの時間』『ABEMAニュース』『堀江貴文と藤田晋のビジネスジャッジ』をはじめ多くの番組を担当する彼女が30歳という新たな節目を迎えた人生の一瞬を切り取ると同時に、内面や成長を見つめる旅へと誘います。
デートシチュエーション、グラビアにも挑戦。普段の番組では見せたことがない一面を見せています。さらに地元で過ごしたプライベートショットや、仕事中の秘蔵写真も本邦初公開。
生い立ちや日々気になること、仕事、自身の内面について、自身の言葉で書き綴ります。後半には、サイバーエージェントの藤田晋社長との特別対談もたっぷり収録。ファンならば見逃せないものばかりです。
◇西澤由夏Twitter:@nishizawa_yuka

内容説明

キー局のアナウンサー試験“全落ち”も、ABEMAでデビューを果たした初代アナウンサーが綴る、ありのままの自分。

目次

はじめに
吉祥寺
頼れる存在
埼玉県蓮田市育ち
つぶ貝
ABEMAアナウンサーのお仕事
ティータイム西澤
ちょっとした工夫
日曜の朝は
休日のルーティン
写真で振り返る 西澤由夏のあゆみ(1)
どうでもいい記憶
ずっと変わらないこと
心配性
バスが好き
ゲン担ぎ
片道2時間×7年間
苦手意識
几帳面と大雑把
写真で振り返る 西澤由夏のあゆみ(2)〔ほか〕

著者等紹介

西澤由夏[ニシザワユカ]
1993年8月12日生まれ。埼玉県出身。学生時代に学生キャスターなどのタレント活動を行う。就職試験ではキー局のアナウンサー試験すべてに落ちるも、サイバーエージェントの営業職に就いたのち、入社2年目のときに初めて行われたABEMAのアナウンサー試験に見事合格。2018年から専属アナウンサーとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Fuyuki Takahashi

0
芸能人と違いアナウンサーの方は会社員であるので、共感しやすい点も多いではないかと思います。 Abemaはよく見るけど最近読書してない方が一冊目として読んでみるのも良いのかもしれないです、 2023/09/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21381588
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。