空白小説

個数:
電子版価格 ¥1,210
  • 電書あり

空白小説

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2022年08月14日 21時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 249p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784847071416
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C8393

出版社内容情報

シリーズ累計50万部突破!
『54字の物語』の著者が贈る
5分で読める49話

『空白小説』は、書き出しと結びの文だけがはじめから決まっているショートショート集です。
その間の空白をどう埋めるかで、物語は予想できない方向へと展開し、書き出しと結びのもつ意味は大きく変わります。
あなたは「空白」の展開を予想できますか?

〇吾輩は猫である  →  名前はまだない
〇犯人はこの中にいる  →  私がやりました
〇昔々あるところにおばあさんがいました  →  いつまでも幸せに暮らしました
など

----

(本文より)

〇吾輩は猫である→名前はまだない

 吾輩は猫である。誰よりも自由な猫である。
家の塀にひょいと飛び乗り、ふわぁとあくびをする。そこへひとりの少女がやってきた。少しだけ撫でさせてやろうと「にゃあ」と声をかける。しかし少女は「ひっ」と悲鳴をあげ、どこかへ逃げていった。
 しばらくすると怪訝な顔をした人間の大人たちが集まってきた。あっという間に屈強な男たちに取り押さえられ、吾輩は眠らされてしまった。
 目を覚ますと、吾輩は薬品の匂いのする部屋にいた。周りで白衣を着た男たちが首をかしげている。
「自分を猫だと思い込んでいるようです」
「見た目は中年の男だぞ」
「ですが実際に尻尾まで生えてきています」
「海外でも最近似たような症例が増えているとか」
「病名は?」
「発見されたばかりの病気だ。名前はまだない」
(『自由』より要約)

内容説明

書き出しと結びが決まっているショートショート集。『54字の物語』の著者が贈る5分で読める49話(7テーマ×7編)

著者等紹介

氏田雄介[ウジタユウスケ]
平成元年、愛知県生まれ。企画作家。株式会社考え中代表。「ツッコミかるた」や「ブレストカード」など、ゲームの企画も手がける

小狐裕介[コギツネユウスケ]
小説家。2017年『ショートショートの宝箱』(光文社)に「ふしぎな駄菓子屋」が掲載され作家としてデビュー。幼い頃から物語を作り続け、漫画制作・映画製作などを経て2010年頃からショートストーリーの執筆を開始

水谷健吾[ミズタニケンゴ]
1990年、愛知県生まれ。作家、脚本家。現在はショートショート小説、チャットノベル、音声コンテンツ、舞台脚本を中心に活動。舞台『捏造タイムスリップ』が2019年佐藤佐吉優秀脚本賞、舞台『つじつま合わせのタイムパトローラー』が2020年劇団EXPO最優秀作品賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きたさん

11
書き出しと結びが決まっている、という他は割と普通のショートショート集。ただその書き出しと結びが有名なフレーズであるので一定のイメージが湧いてきやすいし、そのイメージを覆すような内容にすることである程度面白さが保証されていたのかな、と思います。内容はベタなのに、「犯人はこの中にいる」で始まる「悲鳴」が好きらしく、思わずニヤニヤしてしまった。2022/06/03

ひなた

6
「蓋をして3分〜お召しあがりください」や、「まもなく列車が参ります〜白線の内側までお下がりください」など、書き出しと結びが決まっているのに、こんなにも違う物語ができるのかと、ワクワクしました。想像の世界って果てしないと思えた本。2022/07/08

kyonkyon

3
54字の物語の、氏田さんがまた新しいこと始めたなと思い手にしました。物語の始まりと終わりの文章は同じ。その間の空白を埋めることで様々な物語に変化する。3人の共同著書とあっていろいろなジャンルの話が楽しめました。2022/06/27

ゴロチビ

3
限られた条件を満たして短編を仕上げる。パズルのような作品。氏田氏は「54字の物語」や「あたりまえポエム」の人だ。3人の書き手がそれぞれ知恵を絞っているなぁと感心させられる。でもそれ以上のものは感じられなくて。まだ2割くらいしか読んでないと思うのだが、後はまたいつかでいいかな…。星新一とか好きな人なら合うのかもしれない。2022/06/14

Te Quitor

2
「面白さがある程度担保された」優秀な小説。有名な二つのフレーズ(例えば『吾輩は猫である。名前はまだない』)、その間に、物語を生み出した短編集。有名な言葉たちが書き出しと締めを担っているから、読み始めから頭の中にイメージが湧きやすかった。頭にこびりついている固定観念、イメージを崩す面白さ。一つの言葉の捉え方は作家によって全く違う。物語に感心するという楽しみ方ができる。小説というより「大喜利」のようだった。表紙がとてもお洒落だね。2022/08/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19512603

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。