SEALDsの真実―SEALDsとしばき隊の分析と解剖

個数:

SEALDsの真実―SEALDsとしばき隊の分析と解剖

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784846311124
  • NDC分類 309.021
  • Cコード C0030

内容説明

SEALDs―その“真実”とは?背後の防衛隊=「しばき隊」とは?2万2000のTWフォロワーを持つ人気ブログ「世に倦む日日」主宰者が、知られざるSEALDsと裏部隊「しばき隊」の実態を分析し解剖した衝撃の書!

目次

第1章 SEALDs運動とは何だったのか(代弁されない7月15日の国会前―デモのスピーチがショボすぎてふるえる;「鼓腹撃壌」と政治の世代―日本の政治と個体の生き方への仮説と断想;両刃の剣の60日ルール―「鼓腹撃壌と政治の世代」の仮説と断想の続き ほか)
第2章 SEALDs裏の防衛隊=しばき隊とは何か(「闇のあざらし隊」が掘った「ネット私刑」の墓穴―個人情報晒されたしばき隊員;立憲主義としばき隊の政治暴力の正義論―神原元への懲戒請求の「付議」;暴力とテロリズム―しばき隊の暴力主義と自縄自縛の「ネット私刑」 ほか)
第3章 SEALDsをめぐる知識人の動き(岸内閣を倒した60年安保―突如として起きた市民の大爆発(丸山真男)
説得力がなかった「学者の会」―60年安保の丸山真男の演説との違い
水野誠一の辺見庸批判と丸山真男の「つぎつぎになりゆくいきほひ」 ほか)

著者等紹介

田中宏和[タナカヒロカズ]
1957年生。岡山大学法学部卒。東洋政治思想史専攻。HP『市民のための丸山真男ホームページ』を制作。後に著書『丸山真男の思想がわかる本』(2007年秀和システム)として出版。ブログとツィッター『世に倦む日日』を公開、配信(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

突如現われ、2015年安保法案反対運動を席巻したとされるSEALDs――その<真実>とは? 背後の防衛隊=「しばき隊」とは? 2万2000のフォロワーを持つ人気ブログ&ツィッター「世に倦む日日」主宰者が、知られざるSEALDsと、その裏部隊「しばき隊」の実態を分析し解剖した衝撃の書!

第1章 SEALDs運動とは何だったのか

第2章 SEALDs裏の防衛隊=しばき隊とは何か

第3章 SEALDsをめぐる知識人の動き

田中 宏和[タナカ ヒロカズ]