道路の現在と未来―道路全国連四十五年史

個数:

道路の現在と未来―道路全国連四十五年史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月06日 13時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 362p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846121136
  • NDC分類 685.1
  • Cコード C0036

内容説明

道路事業は始まったら止まらない。2020年10月に陥没事故が起きた東京外環道の建設計画を始めとした全国の幹線道路計画などの多くは、1978年の第四次全国総合開発計画を起点としている。これらの道路計画はある日突然、発表され、住民は説明会で驚愕の事実を知る。自分の家の上や下を計画道路が走っていて立ち退きを迫られる。建設された道路からは騒音と排気ガスが撤ち散らされる。住民は道路と対峙し、全国組織を立ち上げ、建設を強行する事業者と闘うと共に、住民の理解を得る、透明性のある、持続可能な道路の在り方を提言してきた。本書は、道路全国連の45年の闘いの代表例など事例別に総括し、専門家や研究者の分析・提言などを踏まえ、道路の現在と未来を切り拓く試みである。

目次

第1部 公共事業の実態と今後への提言(国土・地域再編の方向性とインフラ整備のあり方;車と道路計画の現状と課題;道路の設置管理と市民参加 ほか)
第2部 住民はどのように抵抗し何を勝ち取ってきたか(住民参加を目指して;環境を守る;法廷での闘い ほか)
第3部 資料編(道路全国連の歴史;道路全国連参加団体の紹介;「道路の定義」及び「道路に関連する計画」について ほか)