放射能は人類を滅ぼす

個数:

放射能は人類を滅ぼす

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月18日 15時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784846116231
  • NDC分類 493.19
  • Cコード C0036

内容説明

放射能は一度コントロールの効かない条件下で拡散させてしまったら、人間の五感では感知できないばかりか、完全な除染が不可能な、困った代物である。そして最終的には多くの人(生物)の健康を害し、命まで脅かす。本書は、放射能の本質を議論し、現在喧伝されている「放射能安全神話」の誤りと、体制側がいかに真実の隠蔽を図っているかを検証する。

目次

第1部 放射線によって起った健康障害―その概要(核からの放射線による健康障害―いままでにあった主なこと;福島原発事故 ほか)
第2部 放射線はどうして健康に悪いのか(放射線のエネルギー対化学反応のエネルギー―放射能の物質破壊の基礎;半減期(物理的)とBq値、Bq/Gy/Sv関係 ほか)
第3部 放射能安全神話の検討(福島事故からの放射性物質の放出量は低く、被曝線量も低い―は正しいか?;100mSv以下はガン発症の危険はないのか ほか)
第4部 人類を欺く欺瞞体制(原爆について;真実の隠蔽―核実験などについて ほか)
第5部 なぜ原発はあってはならないか

著者紹介

落合栄一郎[オチアイエイイチロウ]
東京の生まれ、東京大学工業化学科卒、大学院化学系修了、工学博士。東大助教を経て、カナダ、ブリティッシュコロンビア大講師、アメリカ、ペンシルバニア州、ジュニアータ大教授。退職までに、トロント大、マーブルグ大(ドイツ)、ウメオ大(スウェーデン)などで、客員教授。退職後は、カナダ・バンクーバーへ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)