モラル・ハラスメント―こころのDVを乗り越える

個数:

モラル・ハラスメント―こころのDVを乗り越える

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月07日 17時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 264p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784846114053
  • NDC分類 367.3
  • Cコード C0036

内容説明

パートナーの言動や態度が怖くて、自由にものが言えない。何から何まで、彼の言うとおりにするしかない。何かにつけて、心を傷つけられる。そんな状況が続くと、あなたは苦悩し、自分を失っていくでしょう。それは、「モラル・ハラスメント」といわれる暴力です。加害者は、あなたを自分の思いどおりに支配することしか考えていません。そのままでは、生き生きとした自分を取り戻すことはできません。結局は別れるしかありません。本書は、そんな被害者に寄り添いながら、さまざまな不安や疑問を解消するために、「モラル・ハラスメント」とは何か、そしてそれにどのように対処するべきかを、丁寧に説明しています。「モラル・ハラスメント」を乗り越えるための決定本です。

目次

第1部 モラル・ハラスメントって、なんですか?(結婚生活が辛い。;妻の暴言や暴力がひどい。 ほか)
第2部 「気づく」ことの意味(逃げる決心が、できません。;別れる以外に、本当にどうしようもないのでしょうか? ほか)
第3部 別れることを決めたら(夫にどうやって、離婚の意思を伝えたらいいのでしょうか。;家を出るときに、私から「離婚したい」と言ってはまずいのですか? ほか)
第4部 離婚への道案内(調停や裁判は不安。話し合いで解決したい。;私が全ての権利を放棄すれば、離婚してくれると言います。 ほか)

著者等紹介

橋本俊和[ハシモトトシカズ]
1972年11月生まれ。1996年3月京都大学法学部卒業。2003年10月弁護士登録(大阪弁護士会)。2008年1月あおば法律事務所開設

橋本智子[ハシモトトモコ]
1972年10月生まれ。1996年3月慶應義塾大学法学部卒業。2003年10月弁護士登録(大阪弁護士会)。2008年1月あおば法律事務所開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

planari+

1
モラルハラスメントの習性。離婚の仕方。モラルハラスメントに至る行動分析や生い立ちなどの記載はなし。2015/06/10

海戸 波斗

0
「他人を攻撃せずにいられない人」にかぶる。そっか!うちの旦那はモラハラなのね。よくわかったわ。 んで、離婚すれが解決するの? 2014/10/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8230361

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。